Floating Points、新曲「Someone Close」を公開!

記事には広告を含む

Floating Points (フローティング・ポインツ)、新曲「Someone Close」を公開!4曲を収録した最新12インチの発売も決定。マンチェスターに生まれ、現在は作曲家/プロデューサー/DJとしてロンドンを拠点に活動する Floating Points。昨年はファラオ・サンダース&ロンドン交響楽団とのコラボ作品『Promises』でThe Guardian (Contemporary), TIME Magazine, The New York Times (Jazz), Mojo, The Vinyl Factory 他多数のメディアで年間ベストの1位を獲得、そして今年に入ってからは宇多田ヒカルの最新アルバム『BADモード』へプロデューサーとして参加し大きな話題を呼んだ。先日の RDC “Sound Horizon” や O-East での日本初となるOPEN TO LASTのDJ SETを含むジャパン・ツアーも成功させた彼が新曲「Someone Close」を公開した。

また、今回公開された「Someone Close」に加えて、今年リリースされた「Grammar」、「Vocoder」、「Problems」を収録した4曲入り12インチを12月16日に数量限定で発売されることも明らかとなった。「Grammar」、「Vocoder」、「Problems」は、Pitchfork の Best New Track を含む多くの称賛を受け、Resident Advisor は、シェパードを「エレクトロニック・ミュージックにおいて文句なしのMVPの一人」と評している。海外においてはGlastonbury、Coachella、Field Day といったフェスティバルへの出演を経て、今後はクラブに戻っての活動を予定している。2023年の元旦には、ロンドンの新たな大型ヴェニュー”HERE” で OPEN TO LAST の DJ SET を披露する。