ロンドンの手に負えないロックバンド Shake Chain、デビューアルバムをリリース!

2022.11.10

ロンドンの手に負えないロックバンド Shake Chain、セルフタイトルのデビューアルバム『Shake Chain』を Upset The Rhythm から 11/18 リリース!リードシングル「Mike」のミュージックビデオを公開。バンドは、過去3年間の大半で観客と期待を打ち砕くことに忙しくしてきた … ボーカルの Kate Mahony は、鮮やかな黄色のレインコートを着て観客の足を這わせたり、バンドのメンバーがセットを始めると、近くのトイレで泣きながら手を洗ったりして、その水準を高めている。「一体何が起こっているのか?」「幻覚を見ているのか?」「これもショーの一部なのか?」と、不安や疑念を抱かせるのは、Shake Chain の手に負えない、歌詞のないロックショーの特徴である。

リードシングル「Mike」のMV公開!

Shake Chain は、Robert Eyres (シンセ/ギター)、Chris Hopkins (ベース/シンセ/サンプル)、Joe Fergey (ドラム0 で構成されるロンドン出身の4人組です。前身バンドの灰の中から生まれたこのグループは、それぞれが新しい感覚を持ち、聴覚的に独自の道を歩むようなものを作りたいという願望を抱いて出会った。その結果、ベースライン、揺れ動くギター、鋭いドラムの神経質な推進力が、金切り声のボーカルのスラーやサンプリングしたテレビによって上書きされた。ケイトの歌は、無調の空想の飛行、真っ先に繰り返される反復、恍惚とした狂乱をユニークに包含している。意見が分かれるところではあるが、Shake Chain を恐ろしく素晴らしいものにしているのは他でもない。

Shake Chain のデビューアルバム『Snake Chain』は、2022年の初めにニューフォレストの Chuckalumba Studios でレコーディングされ、ストーム・ユーニスという強烈な温帯低気圧とドープスローンの亡霊によってわずかに歪められた静かな環境だった。ケイトはこのアルバムを「イーステンダーズを見ながらカトリックのセックスダンジョンで泣く」ことに例えているが、オープニングトラックの「Stace」のドラマチックな雰囲気を考えると、半分冗談かもしれない。「RU」はアドリブの単調さを強調した曲で、重く、奇妙で、ヴォーカルがゆっくりとほぐれていき、余韻を残す。Shake Chain の曲には、カウボーイ、チェリーピッカー、コンテンツ中毒者、個人投資、マイクと呼ばれる不注意なドライバー、建築家などが登場し、私たちの混乱した存在に対する嘆きが多く盛り込まれています。この最後のポイントは、ゆっくりと構築される渦のような「Highly Conceptual」と囁くようなクローザー「Duck」で輝くマーカーペンで強調されています。

「Copy Me」は、1つはタンブル、2つはパンクで、ケイトに「何かが変わるまで息を止めろ」と命令しながら、もちろんすべてが激しく変化するダイナミックな放棄の輝くヘッドバングで疾走している。「Second Home」も同じような感じで、賑やかである。「Arthur」は、泣き叫ぶ声とバラバラのパーツが絡み合う中、内側が真っ二つになりそうな感じだ。しかし、すべての狂気、ファウンドサウンド、爆音リズムの中で、ケイトの問いかけ、弾力性のある存在が、すべてを支えている。この曲では、「私たちは言語を話すのか、それとも言語が私たちを話すのか」と問いかけている。

砂漠の真ん中に口はあるのだろうか?コップがどのようにデザインされているか尋ねますか?本当に知らないのに、イエスと言うだろうか?

『Shake Chain』ストリーミング

Shake Chain はカタルシスと不条理、ユーモアとシリアス、そして常にインスピレーションを与えてくれます。この綱渡りが、彼らのアルバムをスリリングで生命力に満ちたものにしているのだ。

関連記事
イベント情報
  • Itasca の初来日公演が決定!

  • GAYLE (ゲイル) 初来日公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「The Unlimited Love Tour」東京ドーム2公演

  • L'Rain (ロレイン) 初来日公演

  • Marcin 来日公演