UKのインディーポップ・バンド Dutch Uncles、6年ぶりのアルバム『True Entertainment』を 3/10 リリース!

UKマンチェスターのパーカッシヴな捻くれエレクトロ・アート・ロック・バンド Dutch Uncles (ダッチ・アンクルズ)、6年ぶりのニューアルバム『True Entertainment』を Memphis Industries から 3/10 リリース!先行シングルの表題曲「True Entertainment」のミュージックビデオを公開しました。Yellow Magic Orchestra、Prince、Steely Dan、Ennio Morricone、The Blue Nile、Kate Bush、Roxy Music からインスピレーションを得たというこのアルバムについて、ボーカル兼作詞の Duncan Wallis はジョークを交えて以下のように述べている。

「True Entertainment」は、しばらく離れていたことが分かっていて、そのことを謝らないような曲だ。最終的に、6枚目のアルバムでは、自分たちの技術に満足感を得るためには、自分たち自身としか競争しないという考え方で書かれているんだ。

収録曲「Poppin」の試聴が開始!

このマントラに忠実な『True Entertainment』は、これまでで最も愉快な Dutch Uncles の音楽と、最も実存的で内省的な歌詞が組み合わされている。成功とは何だろう?自分は十分か?どうすればもっと良くなるのか? (そして、より良くなるための余裕はあるのか?) このタイトルは、ギタリストの Peter Broadhead が Wallis に与えたDJ名である。

収録曲「Tropigala (2 to 5)」のMV公開!

Wallis は地元で需要のあるDJであり、比較対象でもある。アシッドハウスやサイン・オー・ザ・タイムズ (Prince) 時代の影響を受けたこのタイトルトラックは、人前に出る仕事の中でバンドのシンガーとして認識されたときに感じる気まずさを振り返ったときに書いたものである。ベーシストの Wallis と Robin Richards は依然として Dutch Uncles の主要な作曲家であるが、2020年と2021年のロックダウンは他のメンバーにも音楽のアイデアを提供するよう促し、結果として、これまでで最もコラボレートしたアルバムとなった。

Henry Broadhead と Neil Wright (それぞれライブ・シンセ奏者とライブ・ギタリスト) がバンドに加え、プロデュースを担当したことが、それを物語っている。また、Metronomy の Anna Prior と Everything Everything の Jonathan Higgs がアルバムに参加している。ミキシングは Henry Broadhead がドラマーの Andrew Proudfoot と共に行い、マスタリングは Pet Shop Boys、Christine And The Queens などの Matt Colton が担当した。017年のアルバム『Big Balloon』以来となる通算6枚目のスタジオアルバムです。