The 1975、最新アルバム収録曲のオフィシャル・ライブ映像を公開!

2022.10.14

UKマンチェスターのロックバンド The 1975、5枚目の最新アルバム『Being Funny In a Foreign Language』から「Oh Caroline」、「Looking For Somebody To Love」、「Part of The Band」のオフィシャル・ライブ映像を公開!The 1975 は立ち止まってはいない。彼らの視野は広く、新しいアルバムを出すたびに、その視野は少しずつ広がっていく。確かに、ブリット・アウトフィットの5枚目のスタジオ作品であり、2020年の『Notes On A Conditional Form』に続く輝かしい作品である『Being Funny in a Foreign Language』がそうであることは確かだろう。

しかし、”radiant (輝く)” は、少し過剰に輝く安物のような、きらびやかな意味ではない。リアルな “radiant (輝く)” である。「All I Need To Hear」や「I’m In Love With You」には臨場感が漂い、Jack Antonoff、Matty Healy、ドラマーの George Daniel が音楽の捉え方を指導しているので、まるでバンドがライブで演奏しているように聴こえます。それが魅力的なんです。

そこで、ギタリストの Adam Hann とベーシストの Ross MacDonald を加えたチーム・ヒーリーに、オフィシャル・ライブ・パフォーマンスのために新曲をいくつか演奏してもらい、彼らの勝利を祝いました。まずは「Oh Caroline」です。この曲は、最後に Matty が心を込めて歌ったことを除けば、すべてがうまく表現されています。ご期待ください。

Banquet Records で行われたライブ映像が公開!

また、アルバムリリース直後にロンドンのレコードショップ、Banquet Records で行われた「Looking For Somebody To Love」、「Give Yourself A Try」のライブ映像が公開されています。

関連記事
イベント情報
  • アバンギャルディ、2nd LIVE「-宣戦布告-」の開催が決定!

  • The Snuts 来日公演

  • Niall Horan (ナイル・ホーラン) 来日公演

  • LANY 来日公演

  • POLYPHIA 来日公演

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER