ニュージーランドのシンガーソングライター Marlon Williams、サードアルバム『My Boy』を 9/9 リリース!

2022.09.07

ニュージーランドのシンガーソングライター Marlon Williams (マーロン・ウィリアムズ)、3枚目のソロ・アルバム『My Boy』を 9/9 リリース!先行シングルの表題曲「My Boy」のミュージックビデオを公開。本作『My Boy』は、新たなアーティストとして登場したことを告げる作品だ。ベルベットの声を持つ荘厳でカントリーに傾倒したクルーナーは消え、代わりに遊び心のある変幻自在のクリーチャーが登場した。

収録曲「Thinking Of Nina」のMV公開!

収録曲「River Rival」のMV公開!

2018年のセカンド・アルバム『Make Way For Love』のリリース後、ウィリアムズの方は世界ツアーを行い、主要フェスティバルで演奏し、Lorde、Yo-Yo Ma、Florence Welch とコラボレートした。また、映画『The True History of the Kelly Gang』や Netflix シリーズ『Sweet Tooth』に出演したほか、オスカー受賞作『A Star Is Born』にカメオ出演するなど、駆け出しの俳優としてのキャリアも築き上げた。『My Boy』は、このような世界的な経験を、パフォーマーの繰り広げる人生と同じように元気で躍動的な記録として表現しています。

私はいつも自分の音楽の中で、さまざまなキャラクターの要素を探ってきました。そして、演技をすればするほど、表現とプレゼンテーションのトリックを学ぶことができます。文脈の変化や新しいやり方を模索することで、より勇敢に、より大胆になることができるのです。

収録曲「Easy Does It」のビジュアライザーを公開!

パンデミックによって世界中を旅することができなくなったため、ウィリアムズはニュージーランドの自宅で、家族や友人と再会することになった。すぐに新しいデモや歌詞のテーマが生まれました。自己同一性と逃避、部族主義とぎざぎざの家系、男らしさと男らしさの役割に関する考察などです。

収録曲「Don’t Go Back」のMV公開!

Tom Healy と共同プロデュースし、ニュージーランドの Roundhead Studios で録音された『My Boy』は、ウィリアムズが新しいバンドを率いて、『My Boy』の陽気な揺れ、80年代ノワールの光沢を持つ「Thinking Of Nina」、シンセが冴える「River Rival」、スルメポップな「Jam Don’t Go Back」などのジャンル分けした楽曲群から成っています。このような音楽的、感情的な混乱はすべて意図的なものであり、最終的に『My Boy』は、ウィリアムズが自分自身と周囲の人々の行動を問い質しつつも、楽しんでいる姿を見ることができます。

関連記事
イベント情報
  • BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

  • アバンギャルディ、2nd LIVE「-宣戦布告-」の開催が決定!

  • Tones And I 来日公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • リバーダンス、9年ぶりとなる来日公演「Riverdance Japan 2024」が決定!

  • シカゴ生まれのシンガーソングライター Alexander 23、来日公演が6月に決定!