The Go! Team、ニューアルバム『Get Up Sequences Part Two』を来年 2/3 リリース!

UKブライトンの6人組ヒップホップやファンクなサウンドをミックスしたインディーロック・バンド The Go! Team (ザ・ゴー!チーム)、前作の続編となるアルバム『Get Up Sequences Part Two』を Memphis Industries から来年 2/3 リリース!先行シングル「Divebomb」のミュージックビデオを公開しました。The Go! Team は、6枚のアルバムで他の土地へ音の日帰り旅行をし、音楽的に他の文化に浸ってきた。しかし、7枚目となるこのアルバムで、彼らは世界一周のチケットを購入した…。ベナン、日本、フランス、インド、テキサス、デトロイト……すべての都市を訪れます。ベナン、日本、フランス、インド、テキサス、デトロイト……世界各地の文化圏で、さまざまな声が飛び交っているが、そのサウンドは紛れもなく The Go! Team です。万華鏡のようなケーブル・アクセス・チャンネル・ホップへの道筋をつける。

The Star Feminine Band をフィーチャーした「Look Away, Look Away」のMV公開!

西アフリカのガールズグループ Star Feminine Band、インドのボリウッド・プレイバックシンガー Neha Hatwar、J-Popインディーズバンド Lucie Too の小久保千里、19歳のデトロイトのラッパー IndigoYaj、Hilarie Bratset (ex-Apples in Stereo)、ブルックリンのラッパー Nitty Scott、その他多数のアーティストが、The GO! Team の主役 Ninja と一緒に、ボーカルロールコールをしています。

反ブレグジット反射かもしれません。国旗を振り回し、内向きになることへの拒否反応です。しかし、これはコーラの広告でもなければ、丘の上で手をつなぐというバリウムのようなビジョンでもないのです。The Go! Team は常に、何が起こっているかを知りながら、良いことに集中することを大切にしてきました。自分の注意をどこに落ち着けるかということです。

2021年の『Get Up Sequences Part 1』から続く『Part 2』では、「Technicolour Overload」の感覚が続いています。このレコードはこう言っているのだ : そこにはたくさんの良いものがあり、それをすべて同時に掴んでいるような感覚。レコードはこう言っている。

これを見てください。と言っているようなものです。このレコードを聴くときは、世界の飽和度を上げてほしいんだ。私にとっては、The Go! Team のレコードはどんどんグルーヴィーになっていくし、僕にとってグルーヴィーさは人生そのものなんだ。

雑多でありながらタイト、混沌としていながら首尾一貫している両作品は、ベースラインとバックビートのパワーに執着している。デビューアルバムから18年、The Go! Team は、他の誰とも違う存在であり、『Get Up Sequences Part Two』では、クラブソーダのようにフレッシュなサウンドを聴かせてくれる…。