ノルウェーのフォークシンガー Siv Jakobsen、ニューアルバム『Gardening』をリリース!

フォーキーで幽玄なノルウェーのシンガーソングライター Siv Jakobsen (シフ・ヤコブセン)、通算3作目のアルバム『Gardening』を来年 The Nordic Mellow から 1/20 リリースを発表!ニューシングル「Romain’s Place」のリリックビデオを公開しました。新曲のインスピレーションについて、Siv Jakobsen は次のように語っています。

Ane Brun とコラボした「Sun, Moon, Stars」のライブ映像を公開!

パンデミックに襲われる直前、私は小さなツアーに出ていて、かつて故郷と呼んでいた街に戻っていることに気づきました。数年前にその街 (とその街との関係) を離れて以来、戻っていなかったのです。私は、自分の身体と心が戻ってきたことにとてもショックを受け、すぐに自分の感情を解き放たなければならないことに気づきました。

その時、私は友人のロマンのところに滞在していたのですが、彼のアパートで過ごした時間は、私にとってこの気づきと、しばらく眠っていた過去の亡霊と向き合うきっかけを象徴しています。当時は、気が狂いそうなほど圧倒されていました。まるでタイムマシンに飛び込んで過去に戻ったかのように、本当に幽霊に取り憑かれたような気分だった。

友人の Simen Mitlid と Hans Olav Settem と共にオスロの北にある小屋で録音された本作『Gardening』について、Siv Jakobsen は以下のように述べています。

『Gardening』は、私の過去の特殊な人間関係と、それが過去、現在、未来の私に及ぼす影響に取り組んでいます。この作品を書いているとき、私は感情的なガーデニングを継続的かつ精巧に行なっているように感じました。

一方、現実の私はオスロの自宅にある質素ですが美しい庭の手入れをしていました。私は、ガーデニング、草取り、花や食用植物のあるささやかな中庭の手入れという物理的な作業に大きな喜びと安らぎを感じ、その色彩と比喩が私の文章にしみ込んでいったのです。

このアルバムは私が非常に誇りに思っているもので、同じようなことを経験した人たちが、自分を見て、孤独ではないと感じることができるように願っているものです。

『Gardening』ストリーミング

A Take Away Show に出演した「Small」のセッション映像が公開!

2022年11月のロンドンでのライブの後、ノルウェーのインディーフォークの大使をブライトンの海辺に案内した。この新しい Take Away Show では、Siv Jakobsen がゴージャスでメランコリックなメロディーを繊細に歌い上げ、あなたの心は溶けてしまうかもしれません。アルバムでは万華鏡のようなバッキングボーカル、ダブルギター、アップライトベース、チェロといった幽玄な楽器が使われていますが、このセッションでは、木々を揺らす風、遠くに見える波と海鳥に置き換えられました。”Hold on, they say / Be strong, okay” 彼女がこれまでで最も傷つきやすいと語る曲集から引用した「Small」は、孤独を感じさせず、見られていると感じさせるようなトラックである。そして今、私はベッドカバーをマントのように羽織っている。その代わりにシヴはレインボーカラーのウール素材のプルオーバーを着て、歌と同じように心地よさそうにしている。