UKリーズのソリッドなポストパンク・バンド Drahla、新曲「Under the Glass」をリリース!

UKリーズのポストパンクと予測不可能なアートロックを融合させたバンド Drahla、ニューシングル「Under the Glass」を Captured Tracks からリリース!彼らはミニマルでありながら堅牢なベース・ヘヴィ・サウンドでリーズの肥沃な音楽シーンにすぐに自分たちのアイデンティティを見出し、熱狂的なライブ・アクトとしての評判は、Parquet Courts、METZ、Ought、The Cribs、Buzzcocks などとステージを共有し、The Cure のロバート・スミスに依頼されてメルトダウン・フェスティバルにも出演している。

新曲「Under the Glass」は、創造的な再接続の瞬間、最も暗い瞬間の幸福感、待ち望まれた、しかし現実からのわずかな休息を表現しています。この曲は、2020年からの初期のアイデアを新しい作品に再構築したコラージュで、文字通りの意味でも、音楽的な意味でも、時間のギャップを埋めている。歌詞は意図的に曖昧で、個人的な経験や損失や悲しみの感情を解釈するために比喩を使っています。「Under the Glass」は、近日発売予定のアルバムのファーストシングルです。