フィラデルフィアのパワーポップ・バンド 2nd Grade、セカンドアルバム『Easy Listening』を 9/30 リリース!

フィラデルフィアのパワーポップ・バンド 2nd Grade、セカンドアルバム『Easy Listening』を Double Double Whammy から 9/30 リリース!先行シングル「Strung Out On You」のMVを公開。ハイファイなヘッドフォンやラジカセから鳴り響くのは、ロックンロールの白昼夢と退屈の果てにある、2nd Grade の待望のセカンドLP『Easy Listening』の過剰なほどの天才的ギターサウンドだ。暑い日に飲むブルースラッシュのように『Easy Listening』は甘い休息となる。ラスベガス・ストリップに着陸するブルー・エンジェルズのように『Easy Listening』は無視できない存在である。

先行シングル「Strung Out On You」のMVを公開

そして1972年、ローリング・ストーンズが「Ventilator Blues」を歌い終えてバスに乗り込んだ後、ハリウッド・パラディアムの床でビールを拭いている清掃員のように、2nd Grade は逃避行の栄光と犠牲、放棄、そしてロックンロールの魂について知っている。フィラデルフィアの 2nd Grade (Peter Gill、Catherine Dwyer、Jon Samuels、David Settle、Fran Lyons) は、ロックのスターダムに取り憑かれたバンドで『Easy Listening』はパワーポップ・ルネッサンスの名手としての地位を証明するものである。

『Easy Listening』は、The Stones から The Flamin’ Groovies、Redd Kross、Guided By Voices につながるギターの系譜に敬意を表したサウンドとリリックになっています。リードシングルの「Strung Out On You」は、螺旋状のフックと手拍子の四分音符のビートで、ポスト Radio City Big Star の別世界のようなサウンドです。2nd Grade の世界では、音楽の歴史は直線的な流れではなく、プリズムのようなものです。Tommy Stinson、Lizzie McGuire、Joan of Arc などの名前が叫ばれる「Teenage Overpopulation」のアウトロでは、有名なティーンが時代を超越して登場する。また、「Hands Down」や「Me & My Blue Angels」などの曲では、観客の愛と恋愛相手の愛の境界線があいまいになっています。アルバム全体を通して、ハイファイとローファイのスタイルが混ざり合い、遊び心のある引用と不可能を示すシュールなヒントが、シンプルで粘り気のあるメロディーの土台の上に複雑で信じやすい世界を構築しており、一聴しただけで共鳴してしまうのだ。

いつものように 2nd Grade はアルバムに気前よく『Easy Listening』に16曲を詰め込んでいる。ほとんどの曲が2分程度で、2nd Grade のデビュー作である24曲入りのLP『Hit to Hit』の平均演奏時間と比較すると、ほとんど放漫な印象だ。しかし『Easy Listening』では、バンドは10代のエネルギーの量子論を展開し、真摯さと威勢の良さが同居している。ベースメント・ドラムとベースは全速力で疾走する。ギルのヴォーカルは、甘ったるいものから鼻につくものまで、さまざまな表情を見せる。Samuels と Dwyer のギターも、クリーンなパワーポップジャングルとローファイなサウンドを交互に奏で、このバンドが最も得意とするリフに徹している。

『Easy Listening』は、単に偉大な先達を参照するだけではなく、最初から最後まで、パンクとロックの神話が幾重にも重なった夢の世界を構築しており、バンドとリスナーの両方が、少なくとも一瞬でもラジオスターの幸福感に浸ることができるのである。冒頭の「Cover of Rolling Stone」では、「俺たちはMTVのMVPだ/難民のように生きる必要はない/俺たちはVH1のVIPだ/飛ぶことを学んで自由に落ちろ」と Gill が歌い上げる。その後、「Planetarium」では、Gill は星空の白昼夢を日常の哀愁で彩る。「私の弁護士はプレスと話をするなと言っているが、私は彼らの聞き方が好きなだけだ」と。このアルバムでは、往年のギターヒーローたちがトーテムシンボルとして登場し、Gill の過剰な想像力の中で、それぞれの世界の意味を新たな表現に変換している。

その豊かさゆえに、Gill のイマジネーションは絶望的でもある。『Easy Listening』の素晴らしさは、その憧れと、ロックスターの恍惚の神話と倦怠、停滞、中毒の現実との間にある明確な違いにあるのだ。誰もがそうであるように、2nd Grade の声はただ誰かに聞いてもらいたいだけであり、持っていないものを空想することほど人間らしいことはないのだ。2年生のように、私たちは皆、”夢を見る夢を見る夢を見ている” 子供なのだ。

– text by Dan Wriggins