Khruangbin & Vieux Farka Touré、コラボ・アルバム『Ali』を 9/23 リリース!

Khruangbin & Vieux Farka Touré

Khruangbin & Vieux Farka Touré、コラボ・アルバム『Ali』を Dead Oceans から 9/23 リリース!先行曲「Savanne」を公開しました。Vieux Farka Touré (アリ・ファルカ・トゥーレ) は、アフリカが生んだ最も影響力のある、才能あるギタリストの一人としてよく知られている。彼の遺産と影響は誇張しがたい。Vieux Farka Touré のサウンドは、彼が愛してやまないマリの伝統音楽スタイルと、Fulfulde、Tamasheq、Songhay、Bambara の現地語で歌うブルースの明確な要素を融合させたものである。その結果、今では「デザート・ブルース」としてよく知られる画期的な新ジャンルを生み出し、グラミー賞を3度受賞、広く尊敬を集め、「アフリカのジョン・リー・フッカー」と呼ばれるようになった。

2006年にこの世を去ったアリですが、彼の音楽的遺産は、「サハラのヘンドリックス」の異名を持つ息子の Vieux を通して生き続けており、彼自身も優れたギタリストでマリ音楽の擁護者でもあります。Khruangbin とのコラボレーションアルバム『Ali』では、Vieux は父へのオマージュとして、彼の最も心に響く作品のいくつかを再現し、オリジナルの完全性を維持しながら新しいひねりを加えています。その結果、伝説の人物への正当な頌歌となった。

『Ali』は単なるベスト盤ではありません。『Ali』は子守唄のようなもので、アリが生きた時代のハイライトとB面を収録したアルバムです。この作品は、創造性に溢れ、オープンハートで取り組んだときに何が起こるかを示すものです。Vieux は言います。「私にとって、音楽は魔法であり、自然発生的なものであり、人々の間のエネルギーなのです。Khruangbin はこのことをよく理解していると思う。

このアルバムの発端は、ブレイクしたアルバム『Con Todo el Mundo』を出した Khruangbin が、より大きな観衆の前で演奏し始めた2019年にさかのぼります。レコードが完成したのは2021年で、世界的なパンデミックによって企業が閉鎖され、地球がどうなっていくのかを見極めなければならなくなった時期だった。アリは間接的に、これを荒れ狂う嵐の中の平和の瞬間、苦しみに忠実でない過去と現在の会話として捉えている。Jay-Z や Paul McCartney など多くのファンを持つ Khruangbin のユニットとして、彼らはより多くのリスナーにマリの音楽を届ける態勢が整っている。

『Ali』は、音楽そのものと同様に、それを取り巻く愛情も重要で、思いもよらない場所へと導いてくれる傑作である。

Vieux と Khruangbin は、まったく新しい世代に良い言葉を伝えようとしている。」と Lee は言います。「新しい友情と、一緒に美しいものを作るという愛についてです。」Vieux は続けます。「古いものに愛情を注ぎ、再び新しいものにすることです。結局のところ、そして一言で言えば、それは愛なんだ。