ライオット・ガール Sleater-Kinney、ミネアポリスのフェス Rock the Garden 2022 に出演したフルライブ映像が公開!

ライオット・ガール Sleater-Kinney (スリーター・キニー)、ミネアポリスで開催されたフェス Rock the Garden 2022 に出演したフルライブ映像が公開!Sleater-Kinney がステージに登場すると、満員のファンから歓声が沸き起こった。1990年代のライオット・ガール・ムーブメントで結成されたパンク・ロックの象徴的なバンドは、明らかにその関連性を失ってはいない。客席で踊っている人たちの年齢と同様に、セットリストも数十年にわたり、1997年の『Dig Me Out』から2021年にリリースされた最新作で初のセルフプロデュース作品『Path of Wellness』まで引っ張り出してきた。

演奏は驚くほどタイトだった。10枚のアルバムをリリースした Sleater-Kinney は、ベテランで邪悪なほど賢いミュージシャンだ。ヴォーカリストのコーリン・タッカーとキャリー・ブラウンスタインは、互いを補い合い、余裕を持たせながら、泣き声とメロディーを織り交ぜる方法をよく理解している。彼らのサウンドは最近、削ぎ落とされたものではなく、キーボード奏者、追加ギタリスト、そして2019年にバンドを去った長年のメンバー、ジャネット・ワイスの代わりのドラマー、アンジー・ボイランのサポートで充実したものとなっている。

Sleater-Kinney は、2005年の『The Woods』収録の「Entertain」と「Modern Girl」で締めくくり、消費主義や男女の役割、現状に固執することに対するバンドの特徴的な批判を示す典型的な例として、観客は最後の最後までジャンプして叫び続けていました。この2曲は2005年にリリースされた『The Woods』に収録されており、消費者主義や性別による役割分担、現状維持といったバンド特有の批判を見事に表現している。

text by Darby Ottoson