Hudson Mohawke、サードアルバム『Cry Sugar』を Warp Records から 8/12 リリース!

スコットランド出身のDJ/プロデューサー Hudson Mohawke (ハドソン・モホーク)、3枚目のニューアルバム『Cry Sugar』を Warp Records から 8/12 リリース!3枚目のアルバム『Cry Sugar』では、クラブに通う人たちのモチベーションを高める音楽を制作し、彼独自のアンセミックなマキシマリズムで多くの人たちを刺激しています。グラスゴー人の反感を買うような暗いUKの裏通りで、パバロッティにインスパイアされたテナーや酔っ払いの弦楽四重奏とスタジオセッションをするのが彼のルーツだが、Hudson Mohawke はハイカルチャーとローカルチャーを融合させることに魅力を感じているようである。

収録曲「Stump」のMV公開!

結局のところ、彼は2010年代に装飾されたハイデフィニション・トラップ・プロダクションの最高峰の設計者なのだ。このスタイルは、ビール缶が散乱した大学のパーティからアービーズのコマーシャルまで、あらゆるものに流用されている。DJブースは、2022年のクラブカルチャーの “mise-en-scene” である放蕩と黙示録の間の緊迫したドラマを指揮するための作曲家の台座となるのだ。

収録曲「Bicstan」のMV公開!

『Cry Sugar』は、Hudson Mohawke にとって、黙示録的な映画音楽と、故Vangelis から90年代の John Williams によるベタなメジャーコードのサウンドトラックに深く影響を受けた最初の作品となります。『Cry Sugar』は、Hudson Mohawke 自身が文化的なメルトダウンの黄昏を記録した、頭の悪いOSTのようなものでもある。アルバムのアートワーク (Wayne horse Willehad Eilers による) に描かれているように、我々はゴーストバスターズのマシュマロマンと腕を組んで、ジャックのボトルを振りながら家に帰り、来るべき大災害の灰色の天気を眺めているのである。

終末的な雰囲気が漂う中、Hudson Mohawke は『Cry Sugar』を通してゴスペル・クワイヤーの虹色のビブラート、ソウル・サンプル、スキャット・サンプリングを前面に出し、混乱の中にある明るい人間ドラマを描いています。断片化と脱構築の巧みな使用で知られる Hudson Mohawke は、後期資本主義の真髄を背景に、我々の不安定な文化的瞬間を提示します。それは、混沌と恥じることのない陶酔、不安定と大胆、ノイズとアンセミック、甘美と破壊の狭間で綱渡りをしているようです。『Cry Sugar』は、その名の通りの作品です。私たちの最も親密でメランコリックな瞬間に、甘くひねくれた何かが浮かび上がる。悪意の下にある不敵な笑み。2022年、私たちはシュガーを叫ぶ。