元Klaxons の James Righton、セカンドアルバム『Jim, I'm Still Here』を 7/8 リリース!

James Righton

元Klaxons の James Righton (ジェームズ・ライトン)、ソロ・セカンドアルバム『Jim, I’m Still Here』を 7/8 リリース!ABBAの元メンバー Benny Andersson (ベニー・アンデション) をフィーチャーした先行シングル「Empty Rooms」を公開しました。2020年にリリースされたデビューアルバム『The Performer』に続く、James Righton のソロ名義となるセカンド・アルバム『Jim, I’m Still Here』は、Soulwax の David と Stephen Dewaele をプロデュースに迎え、彼らのレーベル Deewee からリリースされます。

ジェームスの音楽的過去はよく知られており、ジャンルを発明した Klaxons のフロントマンとして、英国音楽の革命を起こし、若者のサブカルチャーを生み出した。『Jim, I’m Still Here』は、アーティストがパンデミックを体験し、無数の感情や出来事を魅力的な三人称の物語に概念化しようとする、魅惑的な瞑想の作品である。アルバム収録曲のひとつには、スウェーデンの伝説的ポップバンド ABBA の Benny Andersson が参加しており、ジェームズは彼らの新しいライブバンドを結成するために一緒に働いています。