シカゴのトリオ Horsegirl、デビューアルバム『Versions of Modern Performance』を 6/3 リリース!

Horsegirl

Photo by Cheryl Dunn

シカゴ注目のオルタナ・トリオ Horsegirl (ホースガール)、待望のデビューアルバム『Versions of Modern Performance』を 6/3 リリース!ニューシングル「Anti-glory」のミュージックビデオを公開しました。Horsegirl のメンバーである Penelope Lowenstein(ギター、ボーカル)、Nora Cheng(ギター、ボーカル)、Gigi Reece(ドラム) は親友同士で、曲作りからボーカル、楽器交換、サウンドやビジュアルアートデザインまで全てを共同で行っています。彼らの絆の温かさと強さが、デビュー作の1秒1秒にひびきます。意図的に印象主義的で開放的な歌詞と、様々なスタイルで喜びと熱意を表現するサウンドで、『Versions of Modern Performance』は多くの道を提供している。

ニューシングル「Anti-glory」のMV公開!

昨年の一発録りの「Billy」に続くリード・シングル「Anti-glory」は、弾力的で推進力のある曲です。Erin Vassilopoulous が監督したMVでは、Horsegirl が前面に出て、音を重ねる不思議な才能を存分に発揮しており、自信をうかがわせる。

リハーサル中に古い曲をいじっていたら、ほとんど偶然に「Anti-glory」を書いたんだ。リハーサル中に古い曲をいじっていたら、すぐに曲ができあがったんだ。いつものように、この曲とアルバムはシカゴ、僕らの友達、友達のバンド、ギターを弾ける人、そしてギターを弾けない人みんなのためにある。

先行シングル「Billy」のMV公開!

この3人の友情は、Horsegirl の枠をはるかに超えている。大学1年生のリースとチェン、高校3年生のローウェンスタインは、シカゴの青少年芸術プログラムの重要なネットワークを通じて演奏を学び、出会った。彼らは、Zine のディストロもある独自のミニ・ロック・アンダーグラウンドを持っており、自分たちがアクセスできないバーやDIYスペースで行われる「大人のショー」とは多少異なるものとしている。彼らは自分たちの友人の才能を讃え、そのシーンのどのバンドも、自分たちと同じように育てられたはずだ (あるいは今もそうかもしれない!) と指摘する。

収録曲「World of Pots and Pans」のリリックビデオを公開!

『Versions of Modern Performance』は、シカゴの Electrical Audio で John Agnello (Kurt Vile、The Breeders、Dinosaur Jr.) と共にレコーディングされた。

このアルバムは、僕らがやろうとしていることを本当に尊重してくれるプロデューサーと一緒に、シカゴの施設で制作した素っ気ないデビュー作なんだ。

収録曲「Dirtbag Transformation (Still Dirty)」のMV公開!

とバンドは言う。このアルバムでは、Horsegirl はテクスチャー、シェイプ、シェードで巧みに遊び、即興と実験が好きなことをアピールしている。バンドが深く心から愛する80年代、90年代のインディペンデント・ミュージックの要素を聴くことができる。かつて「カレッジ・ロック」と呼ばれていた頃のスカスカしたメロディズム、90年代のラウンジやノワールのバンプに見られるクールで泡立った宇宙時代の光沢、シューゲイズの暖かく騒々しい轟音、ポストパンクの経済的なフックとリズムなど。しかし、Horsegirl がこれらすべてを融合させたとき、それはパスティーシュや陳腐な焼き直しではなく、前任者たちと同様に遊び心にあふれたユニークなものに感じられるのだ。彼らは連続体の一部として理解するのがベストだが、自分たちのために何かを作り上げている。

Electrical Audio で行われた「World of Pots and Pans」のライブ映像を公開!

tracklist:
1.Electrolocation 1
2.Anti-glory
3.Beautiful Song
4.Live and Ski
5.Bog Bog 2
6.Dirtbag Transformation (Still Dirty)
7.The Fall of Horsegirl
8.Option 8
9.World of Pots and Pans
10.The Guitar Is Dead 3
11.Homage to Birdnoculars
12.Billy