Working Men's Club、セカンドアルバム『Fear Fear』を 7/15 リリース!

Working Men's Club、セカンドアルバム『Fear Fear』を 7/15 リリース!

Photo by Lillie Eiger

UKウェスト・ヨークシャー出身のポストパンク・バンド Working Men’s Club、セカンドアルバム『Fear Fear』を [PIAS] / Heavenly から 7/15 リリース!先行シングル「Widow」のミュージックビデオを公開しました。恐怖と喪失の影で作られた曲は、反抗心でパチパチと弾け、『Fear Fear』は、動揺とダンス、心と魂、ここ、今、そして明日のために作られたレコードである。生と死、受容と孤立、環境と人間性、希望と絶望、現実世界とデジタル世界など、並置されたものを探求するレコードです。Working Mens Club のセカンドアルバムは、このようなトップからボトムまでの厳格さ、完全なビジョンによって、見事でユニークな作品に仕上がっているのです。

2020年夏にリリースされ、絶賛されたセルフタイトルのデビューアルバム『Working Men’s Club』は、シンガー&ソングライターのシド・ミンスキー=サージャントが、アッパー・カルダー・バレーのトッドモーデンで10代の生活を処理したサウンドであった。それらの曲のいくつかを書いたとき、彼は16歳だったが、今は20歳で、バレーから立ち上がって出ていかなければならなかった。

収録曲「Circumference」の試聴が開始!

ファーストアルバムはほとんど個人的なドキュメントで、これは個人的なものと、何が起こっていたかという第三者的な視点との間でぼやけている。『Fear Fear』はこの2年間を記録したものです。たしかに殺伐とした雰囲気はありますが、希望と共感もあります。ハッピーで高揚感のある音楽と、本当にダークな歌詞のコントラストが好きなんだ。前作と比べれば、ミニマルなアルバムではありません。それは、言うべきことがもっとたくさんあったからなんだ。

SXSW 2022 に出演した「Teeth」のライブ映像が公開!

忙しいことを精巧に、恐ろしいことを魔法のように感じさせる–『Fear Fear』はそうした偉業を成し遂げ、さらにその上を行く。あるいは、シド・ミンクシー=サージアントの言葉を借りれば、こうだ。「私たちはただ、できる限り最高のサウンドのアルバムを作ろうとしただけなのです。」『Fear Fear』は、ロス・オートン (Arctic Monkeys、MIA、Tricky) がプロデュースし、シェフィールドにあるオートンのスタジオでレコーディングされました。