MUSE、9枚目のスタジオアルバム『Will Of The People』を 8/26 リリース!

UKのロックバンド MUSE (ミューズ)、9枚目となる待望のニューアルバム『Will Of The People』を 8/26 リリース!ニューシングル「COMPLIANCE」のミュージックビデオを公開しました。本作『Will of the People』は、ロンドンとロサンゼルスでレコーディングされ、2012年の『The 2nd Law』以来となるセルフ・プロデュースしたアルバムです。Warner Records の声明では、このアルバムは単一のジャンルではなく、収録曲「Will of the People」はグラムロッカー、「Kill or Be Killed」はインダストリアルテイストだと言われています。今年1月に発表した「Won’t Stand Down」に続くこのシングルは、シリアスな曲になっている。バンドは予告映像の段階で以下のように述べています。

「COMPLIANCE」は、脆弱な時期に強力な存在によって売りつけられる安全や安心の約束についてだ。ギャング、政府、デマゴギー、ソーシャルメディアのアルゴリズム、そして宗教は、誤解を招くような真実でないことや心地よい寓話で私たちを誘惑する。

彼らは、私たち自身の理性と思いやりの内なる声に目をつぶり、従順であることと引き換えに、私たちを彼らの狭い世界観に参加させようとするのです。

彼らはただ私たちのコンプライアンスが必要なのです。

フロントマンの Matt Bellamy (マット・ベラミー) は、このアルバムが「世界における不確実性と不安定性の増大…長い間我々を包み込んできた西洋帝国と自然界が真に脅かされていること」に影響されたと語り、さらに『Will Of The People』を「これらの恐怖を乗り越えるための個人的なナビゲーション」と述べています。