ロンドンのドリームポップ・デュオ Still Corners、新曲「Far Rider」をリリース

この春、ヨーロッパとアメリカでの大規模なツアーを控えた、ロンドンのドリームポップ・デュオ Still Corners が、7分間のデザート・ノワールのオデッセイとなるニューシングル「Far Rider」をリリースしました。太陽が最高潮に達する中、疲れた砂漠の旅人は、失われた愛や、忘れてしまった過去を忘れようと、やわらかい砂の上を歩いています。クリスタルのように澄んだギターラインが流れ、ベースがタイトなドラムビートの上で織りなされ、蛇行しています。オレンジ色の地平線に向かって進むキャラバン隊のように曲が進む中、ボーカルの Tessa Murray は脈打つように安定した歌声を聞かせてくれます。

この曲は、旅立ち、失われた愛、そして旅の途中で見つけた自分自身のことを歌っていますが、本当は贖罪のことなんです。私は最近、太陽の光を顔に感じながら考えるために、南西部を6000マイルも運転して横断しました。この曲の夢のような性質を利用して、その風景と、長く孤独な旅の日々を思い起こさせるような催眠的な雰囲気を表現しました。