USベッドルームポップ・アクト Jordana、ニューアルバム『Face The Wall』を 5/20 リリース!

USベッドルームポップ・アクト Jordana、ニューアルバム『Face The Wall』を 5/20 リリース!

米カンザス州を拠点に活動するベッドルームポップ・アクト Jordana (ジョーダナ)、ニューアルバム『Face The Wall』を Grand Jury から 5/20 リリース!ニューシングル「Pressure Point」のミュージックビデオを公開しました。感情や不安に打ち勝つことをテーマにした『Face The Wall』は、新進気鋭のZ世代ポップスターによる告白の数々を収録。プロデュースは Cameron Hale (Claud、Khalid)、ミックスは Miro Mackie (Wallows、St Vincent、The Neighborhood) が担当し、Jordana のニューアルバムは、インディーロック、ポップパンク、バラードが10曲収められています。

ニューシングル「Pressure Point」のMV公開!

ヴィーガンになりたいとか、女の子と男の子の両方が好きなのは問題じゃないとか、そういう単純なことでも良いんだ。あるいは、神様のような複雑なものかもしれないわ。それは私が育った環境の大きな部分を占めていました。でも、大人になるにつれて、それは自分とは違うということに気づいたんです。その事実に向き合わなければならなかったのです。

収録曲「To The Ground」のMV公開!

でも、自分の道を切り開くこと、つまり、自分が何者であるかを知るために、自分ではない自分になることは、『Face The Wall(そして人生!)』が目指すものの一部なのだと Jordana は指摘します。「教会での演奏がなかったら、バイオリンに出会えたかどうかわからないわ」と Jordana は声に出して不思議がり、教会で誰かの演奏を見た経験が彼女を「オーケストラ・ラット」に変えたとか、13歳のときにメリーランド州ノースビーチの町の遊歩道でバスキングすることになったとか、ジョークを交えて話す。

先行シングル「Catch My Drift」のMV公開!

『Face the Wall』の歌詞は、自己啓発に必死になっているように見えますが、楽器演奏とプロダクションは、Jordana の才能が、まだ始まったばかりの彼女のキャリアを後押しするのに十分な大きさであることを証明しています。初期の楽曲はセルフ・プロデュースだったが、彼女はコラボレーションによって新たな可能性を見いだし、このアルバムでは友人たちと一緒に作業することで、これらのアイデアを掘り起こす経験を少し孤独でなくすることができた。「私の労働倫理はとても良くなったので、そのことに感謝しています」と彼女は言い、時にはインスピレーションを掻き立てるために他の誰かが必要であることを認めています。

薄暗い廊下からわずかな光を探し出すというこの決意が、『Face the Wall』を、Jordana がこれまでのキャリアの頂点と考える、勝利のアルバムにしているのです。「この先、これ以上のものを書けるとは思えない、私の最高傑作のような気がします」と彼女は少し緊張気味に語り、それから1分ほど間を置いた。「しかし、私はそれを把握します。たとえ困難でも

tracklist:
1.Pressure Point
2.Get Up
3.Play Fair
4.I Mean That
5.Go Slow
6.Catch My Drift
7.Like You Used To
8.To The Ground
9.Difficult For Now
10.Why