LAを代表するデスロック・アシッド・パンクス VR SEX、セカンドアルバム『Rough Dimension』を 3/25 リリース!

2022.01.19

VR SEX

Photo by Dais Records

LAを代表するデスロック・アシッド・パンクス VR SEX、セカンドアルバム『Rough Dimension』を Dais Records から 3/25 リリース!リードシングル「Victim or Vixen」のミュージックビデオを公開。Andrew Clinco (アンドリュー・クリンコ) のアシッド・パンクの別名である VR SEX の最新作は、そのタイトルを建築物のフレーズから取っていますが、より重要なのは、曲が記録したり非難したりする、ゆがんだ邪悪な地下世界を意味していることです。Andrew Clinco は、イーロン・マスクの辛辣なアナグラムである Noel Skum (ノエル・スカム) というアーティスト名を冠し、虚栄心、欲望、テクノロジーの行き詰まりを運命づけられた、低俗なロサンゼルスの薄気味悪い超現実的な世界を軽蔑し、魅了しています。

リードシングル「Victim or Vixen」のMV公開!

当初は、ニューウェーブのファンタジスタである Drab Majesty での Andrew Clinco の仕事を超えた「より重いサウンド」の出口として立ち上げられましたが、このプロジェクトは、ドライブする歪んだギターとカソードブラストされたシンセの枠組みの中で、硬質な都市のネオフューチャリスティックなスレイスのテーマを織り込んだ、魅力的な世界構築の練習へと成長しました。Chrome、Wire、Minimal Man、Sisters Of Mercy のエコーがこのコレクションに波及していますが、最終的に「Rough Dimension」は “我々の容赦ない現実” について独自のねじれたビジョンを描いています。

収録曲「Walk of Fame」のMV公開!

Andrew Clinco は、マルセイユのアパートで2週間かけて、自慢の1980年代のギブソン「インベーダー」とラップトップを使って一人で作曲とデモを行った後、トラックをブルックリンのストレンジ・ウェザー・スタジオに持ち込み、2019年のデビュー作『Human Traffic Jam』を指揮した Ben Greenberg (Uniform、The Men) とレコーディングを行いました。その結果、特筆すべきは、リッピング、洗練、そしてリベッティング。オルタネイト・チューニングのリフは、SF的なエレクトロニクスのスパイクで中断されたミッドテンポのドラムの上で、チャグチャグとかき鳴らされ、ヴォーカルは誇張して毒を吐きます。メロディックなものと不気味なものが混在しており、高速での生活と必死の対策、バビロンで夢が解けていく中で深夜に向かって時を刻む青春の時計など、不条理な観察がなされています。

収録曲「Live In A Dream」のリリックビデオ公開!

VR SEX が得意とするのは、こうした精神的な衰退と汚染された愛についての教訓的な物語を、引きずるのではなく、スリルのあるものにすることです。Andrew Clinco のコーラスやソロには夜のサングラスのような魅力があり、彼の黒革の判断にはウィットがあります。この音楽の環境は、寄生虫や捕食者の傾向がありますが、そのムードは爽やかに加速し、タバコを吸いながらストリップを巡ったり、ゴスやリムジンがデジタルビルボードの下で渋滞しているのを見たりして、楽しんでいます。『Rough Dimension』は掃き溜めかもしれないが、家である。

関連記事
イベント情報
  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • ジルベルト・ジル「アケリ・アブラッソ・ジャパンツアー 2024」の開催が決定!

  • JP Cooper 来日公演

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!