St. Vincent、黄金時代に新しい音を見つける。

グラミー賞にノミネートされたマルチインストゥルメンタリスト、ソングライター、プロデューサーである St. Vincent が、最新アルバム『Daddy’s Home』では、1970年代のニューヨークのサウンドを再現しています。アーニーボール・ミュージックマンのシグネチャー・ギターは、その美学に基づいてアップデートされており、ヴィンテージ風の金箔ピックアップとカラーパレットから「Goldie」と名付けられています。このビデオでは、St. Vincent がキャピトル・レコードのスタジオAで収録された「…At the Holiday Party」をソロで演奏しており、創造的な世界の構築、象徴的なスタジオの魔法、そしてコラボレーションがどのように皆を最高の状態にするかについて、彼女に話を聞きました。