元Battles の Tyondai Braxton、5年ぶりの新曲「Dia / Phonolydian」をリリース!

元Battles の Tyondai Braxton (タイヨンダイ・ブラクストン) が5年ぶりのニューシングル「Dia / Phonolydian」を Nonesuch Records からリリース!この2曲は、Tyondai Braxton がエレクトロニクスを担当し、ニューヨーク州ベアーズヴィルにある自宅スタジオで録音されました。この2曲を皮切りに、年内は次々と新作を発表していきます。Tyondai Braxton は最近、2016年に5曲入りのEP『Oranged Out』をリリースし、その収益で Everytown for Gun Safety の活動を支援しました。

このEPは、ブラクストンが2015年に発表した Nonesuch のデビュー作『HIVE 1』に続くもので、2013年にニューヨークのグッゲンハイム美術館で行われたパフォーマンス作品のために考案された8曲からなるアルバムです。NPR Music は、その「遊び心-音を試すことが楽しいゲームであるという感覚」を称賛しています。Boomkat は、「少なくとも我々の予想を見事に裏切り、(ブラクストンの) かつての『Battles』での役割から何光年も前進し、パターンと不協和音に関する、より広くかつ集中的な一連のアイデアを包含している。

ブラクストンは、ワシントン・ポスト紙で「過去10年間で最も高く評価された実験音楽家の一人」と評され、1990年代半ばから、自身の名前で、また様々なグループ名でコラボレーションを行いながら、作曲と演奏を行ってきました。また、実験的ロックバンド Battles の元フロントマンで、デビューアルバム『Mirrored』は批評家と商業的に成功しました。近年では、The Bang on a Can All Stars、Alarm Will Sound、Brooklyn Rider、Third Coast Percussionなどのアンサンブルのために委嘱作品を作曲しています。

2012年には、ATPフェスティバル I’ll Be Your Mirror で Philip Glass とコラボレーションしています。また、オーケストラ作品『Central Market』をロサンゼルス・フィルハーモニック、ロンドン・シンフォニエッタ、BBCシンフォニー・オーケストラ、ニューヨークのワードレス・ミュージック・オーケストラと共演し、Dirty Projectors の2017年のセルフ・タイトル・アルバムでは、いくつかのトラックの作曲と演奏を担当しました。現在は、2018年にロンドンのクイーン・エリザベス・ホールでライブ初演された、サウスバンク・センターとヘルシンキ・フェスティバルの委嘱による87人編成のオーケストラ作品「TELEKINESIS」のスタジオ録音に取り組んでいる。ガーディアン紙はこの作品を “超能力をテーマにした交響曲”、”巨人的な構成” と評しています。