サウス・ロンドンのアーティスト Wu-Lu が WARP と契約!新曲「BROKEN HOMES」をリリース。

2021.11.18

Wu-Lu

サウス・ロンドンのオルタナティヴ・ロック・アーティスト、Wu-Lu (ウー・ルー) が WARP と電撃契約!ニューシングル「BROKEN HOMES」をリリース。サウス・ロンドンを拠点に活動するヴォーカリスト、マルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサーの Wu-Lu が、Warp との電撃契約を発表し、最新シングル「Broken Homes」をリリース!あわせてウォン・カーウァイ作品や映画『ブレイド』にインスパイアされたミュージックビデオも公開された。

ウー・ルーは2021年にふさわしい一撃を与えた。
– FADER

ウー・ルーの音楽は、ジャンルを超えて現代のサウス・ロンドンの現実を強烈に 描いている。
– THE QUIETUS

…ヘビーなサイケデリック・ギター・ロック、ダブ・ベース、パンク、グラ イムの啓示的な爆発。
– MOJO

ここ一年間を通して抱いた社会意識を詰め込んだという「Broken Homes」は、現代社会で多くの人が経験している不公平感や帰属意識の欠如、不安定な環境で育ったために成長の機会を得られない現実に焦点を当てている。グランジ、ポストパンク、ダブ、ラップを融合させた楽曲は、聴き終わった後もずっと心に熱が残る強烈なトラックだ。Wu-Lu ことマイルス・ロマンス・ホップクラフトは、家庭内に良いお手本がいないことをテーマにこの曲を書いているが、困難な状況にもかかわらず、物事は必ず良くなると訴える。

みんなが毎日抱えてるすべてのクソみたいなことでも、物事は全部良くなる可能性がある。結局の ところ俺たちはもっと可能性に満ちているんだ。俺たちはキングで、クイーンで、ダイヤモンドの原石 なんだよ。暗闇の中で輝く光の道標なんだ。 - Wu-Lu

Black Midi のドラマー、モーガン・シンプソンが参加した楽曲を含め、リリースした3枚のシングルがいずれも高い評価を受け、すでに世界中のフェスティバルに出演、Fader、Mojo、Crack、Quietus ら主要メンバーが絶賛するなど、たった一年で一気に注目を集めた Wu-Lu。勢いに乗るUKバンド・シーンとも密に交流しながら、独自のスタイルでUKの新たなオルタナティブ・ロックの潮流を巻き起こしつつある。

関連記事
イベント情報
  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演