USオルタナロック・バンド Sonic Youth、2つのライブ音源『Live In Austin 1995』、『Live In Dallas 2006』を同時リリース!

Sonic Youth

ニューヨークのオルタナロック・バンド Sonic Youth (ソニック・ユース)、2つのライブ音源『Live In Austin 1995』、『Live In Dallas 2006』を同時リリース!このリリースは、テキサスのヴィンテージ・コンサートとテキサスをテーマにしたTシャツをリリースし、Women’s Choice のための資金調達を目的としています。

バンドは、11月5日(金)に Fund Texas Choice と Abortion Support Network への資金援助を目的として、バンドの Bandcamp とストアで新作をリリースすることを発表しました。この日は、1995年にテキサス州オースティンの Austin Music Hall で行われたライブ(ロラパルーザ後の「Washing Machine」ツアー)と、2006年にダラスの Gypsy Tea Room で行われたライブ(「Rather Ripped」ツアー)の2つのビンテージライブセットを完全公開します。これらの未発表のライブは、11月5日にストリーミングとダウンロードが開始され、その収益の100%が2つの目的のために使われます。

また、Sonic Youth のTシャツは、バンドの友人でもあるテキサス出身の写真家、パット・ブラシルのデザインが2種類、リチャード・プリンスの「Dude Ranch Nurse」のアートワークを使用したデザインが3種類用意されています。ブラシルのTシャツには、85年にオースティンのコンチネンタルクラブで行われたライブの写真が使われており、ブラシルのTシャツには、彼らの曲「Flower」のプロフェムな歌詞と、80年代のテキサスのパンクシーンで活躍した女性たちの写真が使われています。これらの収益は、それぞれの活動に役立てられます。

Sonic Youth は死後、未発表の音源をファンに提供することに多大なエネルギーを注いできました。歴史的に見ても、80年代半ばに行われた彼らの先駆的なクロスカントリーツアーは、Butthole Surfers、Big Boys、Daniel Johnston、Meat Joy など、多くのテキサスのバンドやアーティストたちと、彼らのインディペンデントでアーティスティックなスタンスを結びつけました。ローンスター州のファンによる Sonic Youth への継続的なサポートは、この州のファンベースへの特別な恩返しであり、より広い範囲では、Sonic Youth は、中絶が健康管理や人権として受け入れられる国家や世界のコミュニティをサポートしています。

<Tシャツの購入はこちら>