韓国出身バイリンガルのポップス/R&Bシンガー Seori が Vevo DSCVR Artists to Watch 2022 に出演!

2021.11.23

韓国出身バイリンガルなポップス/R&Bの新進気鋭のシンガーソングライター Seori、新人登竜門 Vevo DSCVR Artists to Watch 2022 に出演した「Lovers in the Night」のパフォーマンス映像が公開!音楽のキャリアを成功させるための正確な予測は、常に変化しています。レコードの売り上げやラジオの再生回数などの信頼性は、ストリーミング数や TikTok のバイラリティ、ソーシャルメディアでの影響などに取って代わられています。

Seori は最近、BTS の Jungkook が彼女の「Running Through The Night」のメロディをハミングしているところをカメラに撮られ、アーティストの履歴書の中で最も永続的なスラムダンクの条件であるスーパースターのサインを受けました。この「Running Through The Night」が2020年のデビューEPに収録されていたことを考えると、このところのセオリの勢いは素晴らしいものがあります。

韓国生まれのシンガーは、R&Bとポップスをミックスした雰囲気のある曲に、ファンも評論家も短期間で魅了されている。韓国語と英語の両方で歌うセオリの音楽には、心が落ち着くような脱力感があります。彼女は韓国語と英語で歌いますが、ドラマチックな風景やアストラル体を描いたアートワークが添えられています。

サウンド的には、優美なシンセパッドときらびやかなポッププロダクションが、彼女の素晴らしいボーカルレンジを引き出すためのスペースを確保しています。彼女のデビューEPのタイトル「?depacse ohw」は、逃避と常識の逆転を意味しています。最近の「Dive With You」では、「I’m ready for the dive tonight」や「You are the summer of my life」といった詩的な英語のフレーズで詩を紹介した後、シームレスに韓国語に切り替えています。

ポップスがグローバル化していく中で、セオリのような世界共通のストーリーテラーの価値はますます高まっている。「Vevo の 2022 DSCVR Artist to Watch のステージに立つことができて、とても光栄でした」と彼女は語ります。「撮影している間、とても興奮しました。アーティストとしての自分をとても誇りに思いました」と語ってくれました。

関連記事
イベント情報
  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!