Beach House、バンドの初のプロデュースとなる8枚目のアルバム『Once Twice Melody』を 2/18 リリース!

米ボルチモアのドリームポップ・デュオ Beach House (ビーチ・ハウス)、待望のニューアルバム『Once Twice Melody』を Sub Pop から来年 2/18 リリース決定!タイトル曲を含む4部構成のうちチャプター1の4曲の試聴が開始されました。『Once Twice Melody』は、Beach House の8枚目のスタジオアルバムです。2枚組のアルバムで、18曲を4つの章に分けて収録しています。その中で様々なスタイルや曲の構成が見られます。ドラムのない曲、アコースティックギターを中心とした曲、ギターのないほとんどがエレクトロニックな曲、さまようように繰り返されるメロディー、ストリングスセクションを中心とした曲。新しいサウンドに加えて、リスナーが Beach House の過去のレコードから連想するドラムマシン、オルガン、キーボード、トーンの多くは、楽曲の多くを通して存在しています。

Beach House は、リードシンガーでマルチインストゥルメンタリストの Victoria Legrand と、ギタリストでマルチインストゥルメンタリストの Alex Scally の2人組です。彼らはすべての曲を一緒に作っています。『Once Twice Melody』は、バンドがすべてをプロデュースした初のアルバムです。生ドラムはジェームス・バローン (2018年のアルバム『7』と同じ)で、ミネソタ州の Pachyderm スタジオとロサンゼルスの United Studio で録音されています。初めて生のストリングスアンサンブルが使用されました。ストリングスのアレンジは David Campbell が担当しました。

『Once Twice Melody』の作曲とレコーディングは2018年に始まり、2021年の7月に完成しました。ほとんどの曲はこの間に作られたものですが、いくつかは過去10年間にさかのぼります。レコーディングのほとんどは、ボルチモアの Apple Orchard Studio で行われました。アルバムのミックスは主に Alan Moulder が担当しましたが、数曲は Caesar Edmunds、Trevor Spencer、Dave Fridmann も担当しています。

『Once Twice Melody』デラックス・バージョン