Miles Kane がニューアルバム『Change the Show』を 1/21 リリース!

The Last Shadow Puppets としても知られるイギリスのミュージシャン、Miles Kane (マイルズ・ケイン) がニューアルバム『Change the Show』を BMG から 1/21 リリース!Corinne Bailey Rae をフィーチャーしたソウルフルなデュエット曲「Nothing’s Ever Gonna Be Good Enough」のミュージックビデオを公開しました。Miles Kane の4枚目のソロアルバム『Change the Show』は、サイケロックデュオの Sunglasses For Jaws がハックニーにあるスタジオで行った「飾り気のないセッション」をきっかけに、形になっていきました。

収録曲「Don’t Let It Get You Down」のMV

彼らのエネルギーだけでなく、音楽に対するセンスや知識に自分を重ねました。「自分が年をとったと感じたのは初めてのことでした。

先行シングル「See Ya When I See Ya」のMV

素直で柔らかな歌声の「Tears are Falling」で始まるこのアルバムは、最初から最後まで楽しい曲ばかりで、グラミー賞にノミネートされた歌手、Corinne Bailey Rae が「Nothing’s Ever Gonna Be Good Enough」のデュエットで登場するなど、意外ながらも豪華な内容となっています。このアルバムの1曲目に収録されている「Don’t Let It Get You Down」は、Miles Kane が最も得意とする曲で、エネルギッシュで感染力が強く、威勢がよく、曲の冒頭には同じウィラルの卒業生である Paul O’Grady のサンプルが使われています。このアルバムは、Miles 自身を最もよく表しています。魅力的で本物の、今日のポップミュージックでは聴くことができないような作品です。

このアルバムは、思いがけず時間ができたことで、自分自身を見つめ直す激しい時期に生まれました。

と、マイルズはこの1年半を振り返ります。

大きな喜び、大きな悲しみ、白昼夢、真の友人、深い感情を歌にしました。私は、自分自身に忠実でありながら、未来が勝手に展開するのを受け入れることを学びました。

新旧両方のファンのためのレコードである『Change the Show』は、皆が待ち望んでいた Miles Kane のアルバムです。クラシック・ロックやグラムの影響を受けつつ、モータウン、ソウル、50年代のR&Bに焦点を当てた、彼のこれまでの作品の集大成ともいえる作品です。