SASAMI、セカンドアルバム『Squeeze』を来年 2/25 リリース!

SASAMI

Photo by Andrew Thomas Huang

元Cherry Glazer のキーボード/ボーカリスト Sasami Ashworth によるソロ・プロジェクト SASAMI (ササミ) がニューアルバム『Squeeze』を Domino から来年 2/25 リリース!先行シングル「The Greatest」のミュージックビデオ、「Skin A Rat」の試聴が開始されました。SASAMI の2枚目のフルレングスである『Squeeze』は、ニューメタルの生々しい攻撃性、カントリー・ポップやフォーク・ロックの優しい素朴さ、そしてクラシック音楽の劇的なロマンティシズムを追求しています。

パワーバラード調の「The Greatest」について、Sasami Ashworth は「この曲は、誰かに抱く最も偉大で重い感情が、その愛を実現したり、返したりすることができない場合が多いということを歌っています。ブラックホールから生まれたパワーのように、すべてファンタジーです。」と語っています

収録曲「Skin A Rat」の試聴が開始!

暴力的なファンタジーにインスパイアされた「Skin A Rat」は、「抑圧的なシステムや人間に対する怒りやフラストレーションをカタルシスを持って解放するためのサウンドトラックです。非常にニューメタルの影響を受けています。全曲を iPad で MIDI ドラムを使って書いてデモし、壮大なドラマーを雇ってテープでライブ演奏してもらった。」この曲では、Megadeth の Dirk Verbeuren がドラムを担当し、Vagabon の Laetitia Tamko と女優でコメディアンの Patti Harrison がギャング・ボーカルを担当しています。2曲とも SASAMI がプロデュースし、カリフォルニア州トパンガにある Ty Segall のスタジオとワシントン山にあるログ・マンションで録音されました。

『Squeeze』では、制度的な暴力への怒りから、個人的な人間関係におけるコントロールのための闘争まで、SASAMI の幅広いムードを表現しています。シンガーソングライターでありプロデューサーでもある彼女は、ニューメタルの生々しい攻撃性、カントリー・ポップやフォーク・ロックの優しい素朴さ、クラシック音楽のドラマチックなロマンティシズムなどを随所に取り入れています。

『Squeeze』は、”アンチ・トキシック・ポジティブ” という感情を表現しており、SASAMI の悪意に満ちた正直さと残酷なまでに妥協のないビジョンを示しています。これは、頭が女性で体が蛇の吸血鬼の神である「ぬれおんな」と呼ばれる日本の妖怪の精霊からインスピレーションを受けたものです。

tracklist:
1.Skin A Rat
2.The Greatest
3.Say It
4.Call Me Home
5.Need It To Work
6.Tried To Understand
7.Make It Right
8.Sorry Entertainer
9.Squeeze (feat. No Home)
10.Feminine Water Turmoil
11.Not A Love Song