No Rome が待望のデビューアルバム『It’s All Smiles』を 12/3 リリース!

No Rome

フィリピン・マニラ出身のシンガー/プロデューサー No Rome (ノー・ローム) が待望のデビューアルバム『It’s All Smiles』を 12/3 リリース!先行シングル「When She Comes Around」のミュージックビデオを公開。マニラ出身、ロンドンを拠点に活動するシンガー/プロデューサー、No Rome が待望のデビュー・アルバム『It’s All Smiles』を12月3日(金)に全世界リリースすることをアナウンスしました。加えて、アルバムからの1stシングル「When She Comes Around」をリリースしMVも公開しました。

先行シングル「When She Comes Around」のMV公開!

今作はコロナ禍に No Rome の地元マニラの小さなアパートで作詞、作曲、プログラミングを開始、その後ロンドンとアメリカ、ミネアポリスにてレコーディングを行いました。アルバムは No Rome 自らが全曲の作詞作曲を手掛け、共同プロデューサーにBJバートン(カニエ・ウェスト、テイラー・スイフト、チャーリーXCX、ボン・イヴェール)、共同制作には The 1975 のジョージ・ダニエル、サチ(ジョイ・アゲイン、ディジョン)、UKのエレクトロ・プロデューサー、ゼラを起用しています。

収録曲「I Want U」の試聴が開始!

この曲は、僕とプロデューサーのBJバートンが最初に取り組んだ曲で、その時に彼と一緒にアルバムを作ることになると感じていた。僕はもっと語りかける様に、物語を話す様に、まるで絵を描く様に、その瞬間に起こったことを歌詞に書きたかったんだ。DJシャドウ、Nujabes やサンプリング・ミュージックからインスピレーションを受けてこの曲を制作した。

自分の音楽をインターネットにアップロードし始めた当初は、シューゲイザーR&Bというタグを付けていたという No Rome。R&Bで表現される激しい感情に影響を受けた彼のボーカルラインは、繰り返し聴きたくなるような質感の高いプロダクションの上を自由に飛び回っています。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのフロントマンであるケヴィン・シールズの様に、ロームはまるで絵を描く様に音を構築し、彼の直線的なギター演奏はより楽曲に深みを与えています。本作『It’s All Smiles』では彼が影響を受けてきたもの、ルーツを感じさせるアイデアを最も洗練された形で表現した作品です。

アルバムからの1stシングル「When She Comes Around」はゾンビーズとビョークの中間の様なサウンドを聴かせる、シャイで恋する人の為に書かれたポップ・アンセムです。No Rome はこの曲のレコーディング中、ビョークの『Vespertine』のライブ・レコーディングを聴きながら、何日もかけて試行錯誤し作り上げました。フィリピン人映像監督、パコ・ラテルタがディレクションを手掛けた「When She Comes Around」のミュージック・ビデオは、ダークなアジア映画の雰囲気を感じさせる映像作品となっています。

■リリース情報
アーティスト:No Rome(ノー・ローム)
タイトル:It’s All Smiles(イッツ・オール・スマイルズ)
発売日:2021年12月3日(金)世界同時発売
日本盤CD定価 : ¥2,750(本体¥2,500 税率10%)
品番: POCE-23004
レーベル:Dirty Hit

<トラックリスト>
1. Space-Cowboy / スペース・カウボーイ
2. How Are You Feeling? / ハウ・アー・ユー・フィーリング?
3. I Want U / アイ・ウォント・ユー
4. IT’S *N0T* L0V33 (Winter In London) /イッツ・ノット・ラヴ (ウィンター・イン・ロンドン)
5. When She Comes Around / ウェン・シー・カムズ・アラウンド
6. Secret Beach /シークレット・ビーチ
7. Issues (After Dark) /イシューズ(アフター・ダーク)
8. Remember November / Bitcrush*Yr*Life / リメンバー・ノーベンバー (ビットクラッシュ・ユアー・ライフ)
9. A Place Where Nobody Knows /ア・プレイス・ウェアー・ノーバディ・ノウズ 
10. Everything / エヴリシング
11. Molly’s Song (Demo) /モーリーズ・ソング(デモ) *日本盤ボーナストラック
12. SHE’S MY GIRLFRIEND (TAPE TRACK) / シーズ・マイ・ガールフレンド (テープ・トラック) *日本盤ボーナストラック