UKマンチェスターのインディーロック・バンド The Lathums、デビューアルバム『How Beautiful Life Can Be』をリリース!

UKマンチェスター郊外ウィガン出身のインディーロック・バンド The Lathums (ラサムズ)、デビューアルバム『How Beautiful Life Can Be』を 9/24 リリース!本作『How Beautiful Life Can Be』は、リヴァプールの Parr Street Studios でレコーディングされました。プロデューサーの James Skelly (ジェームス・スケリー) と Chris Taylor (クリス・テイラー) と共に、The Lathums の驚くべき物語を、さらにエキサイティングな次の段階へと押し進めています。収録曲「The Great Escape」は、これまで若いバンドが自主制作していたものですが、このアルバム・セッションでは、ソーシャル・メディアに導かれて初期のギグに押し寄せた最初の騒動を引き起こしたメロディックなスターダストを維持しつつ、輝くような新しい形で登場しました。成長の痛みと人生の不運な紆余曲折によってスタートし、6本のギターの弦というシンプルな救いによって刺激され、イングランド北部のパブや小さな会場で機材を動かしているファンによってパワーアップした The Lathums の物語は、完璧な “not-all-nice-guys-finish-last” の物語になるかもしれません。

収録曲「I’ll Get By」のMV公開!

バンドの導火線に火がついたのは2019年の夏のことで、ティム・バージェスが彼らにケンダル・コーリングのレイト・スロットをオファーし、24時間以内にソーシャルメディアの話題で観客が彼らのテントの向こうの野原にまで押し寄せたのだ。その1年後、彼らはレコードのみのEPコンピレーション『The Memories We Make』で初のUKアルバム・チャートのトップ20入りを果たし、『Later… With Jools Holland』への初出演を果たし、BBC Sound Poll 2021 の注目アーティストにも選ばれました。シンガーソングライターが自分の演奏をする前に一度もギグに行ったことがなく、しかも最初のリハーサルには、繊細に作られた、共感を呼ぶ歌いやすいアンセムをトランクに詰めて持ってきたという、不可解なバンドである The Lathums は、鼻血が出るほどの速さで現在の場所まで飛んできました。

収録曲「Fight On」のMV公開!

マンチェスターの端っこに位置するウィガン出身の The Lathums は、現代のフロントマンの新しい輪郭を描くアレックス・ムーアが、マール風ジャングル・ギターの生徒であるスコット・コンセプシオン、早口でウィスコンシンなベーシスト、ジョニー・カンリフ(通称:ベース・モン・ジョン)、そして安定したリズム感と賢明な頭脳を持つドラムスのライアン・ダーランズと一緒に歌っています。親しい人には「シェーン・メドウズの映画に出てくる The Inbetweeners のようだ」と言われた彼らは、灰色の敷石の間に咲く、明るく野性的な4つの花です。

『How Beautiful Life Can Be』ストリーミング