AURORA、ニューアルバム『The Gods We Can Touch』を来年 1/21 リリース!

AURORA

ノルウェーのシンガーソングライター AURORA (オーロラ)、ニューアルバム『The Gods We Can Touch』を来年 1/21 リリース!ニューシングル「Giving In To The Love」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムは、ギリシャ神話の物語のプリズムを通して見た、恥、欲望、モラルについてのエレガントで天空のような、しかし挑発的なアルバムです。このアルバムの15曲のそれぞれで、私たちは異なる神々に出会います。収録曲「Exist For Love」ではアフロディーテ、「Heathens」では呪われた者の女王ペルセポネ、「This Could Be A Dream」ではモーフィアス、「A Dangerous Thing」では誘惑と説得の権化であるペイトーと出会うことができます。

リードシングル「Cure For Me」のMV公開!

この曲では、LGBTQ+の人々が「治療」を必要とし、病気であるとの誤解が広まっていることを論じています。AURORA はこの意見に異議を唱え、愛のために治療する必要はないと語り、人間の本質を治療する方法がないことを願っていると述べています。

新曲「Cure For Me」のライブパフォーマンス映像を公開!

ギリシャでは、あらゆるものに神や女神が存在していました」と AURORA は語ります。「不安、ワイン、セックス……神々や女神の概念が始まったはるか昔、彼らはより人間的で、より親しみやすく、ほとんど触れることができました。最も重要なことは、彼らには欠点があるということです。」2019年の2枚組アルバム『A Different Kind of Human』以来となる2年ぶりのスタジオアルバム。

tracklist:
1.The Forbidden Fruits Of Eden
2.Cure For Me
3.The Innocent
4.A Dangerous Thing
5.Exist For Love
6.Heathens
7.The Blood In The Wine
8.Exhale, Inhale
9.Temporary High
10.The Woman I Am
11.This Could Be A Dream
12.Artemis
13.The Devil Is Human
14.Everything Matters
15.A Little Place Called The Moon