ベルギーのアヴァンポップ・アーティスト Robbing Millions、ニューアルバム『Holidays Inside』を MGMT のレーベルからリリース!

収録曲「Family Dinner」のライブ映像を公開!

2021.07.19

ベルギーのアヴァンポップ・ミュージシャン Lucien Fraipont (ルシアン・フレイポン) のプロジェクト、Robbing Millions がニューアルバム『Holidays Inside』を MGMT Records からリリース!このアルバムで Lucien Fraipont は、実験性、技術的熟練度、そして極度のキャッチーさという稀有なバランスを達成し、本当にエキサイティングで驚きに満ちたポップミュージックを披露しています。作曲と録音を繰り返して楽曲が蓄積された後、プロデューサーの Shags Chamberlain (Weyes Blood、Ash Ra Tempel) がアレンジを加えています。『Holidays Inside」は、純粋な折衷主義によって創造の喜びを表現しており、あらゆる場所に歓迎すべき驚きがあり、思わず笑顔になってしまうような作品です。本作についてルシアンは以下のように話しています。

収録曲「Tiny Tino」のMV

『Holidays Inside』は、私が育ち、人生の大半を過ごした街、ブリュッセルのアパートで、2016年頃からどこかで作業を始めた18曲入りのレコードです。Robbing Millions の2枚目のアルバムであり、ドラム以外のほとんどの楽器を自分で演奏した初めてのアルバムでもあります。また、主に自宅で録音した初めてのフルレングスアルバムでもあります。

私は毎日新しい音楽のアイデアを録音しようとしていましたが、結局、どうしたらよいかわからない曲の山ができてしまいました。友人に勧められてシャッグス・チェンバレンに連絡を取ったところ、彼は素晴らしい友人となり、この音楽の旅に最適な仲間となってくれました。レコードのミキシングはシャッグスのベッドで行いましたが、彼が黙示録の奇妙なカウボーイの格好をして私の家の玄関に現れた夜のことは忘れられません。

このクレイジーなレコードをリリースするためには、かなりの旅が必要でした。多くの浮き沈みや延期を経て、ようやく(MGMTの)世界に向けてリリースすることができて、とても興奮しています。私はこのレコードを美味しいフルーツサラダのようなものだと思っています。『Holidays Inside』には様々なフレーバーや素材が使われていて、皆さんがどれを気に入るか興味があります。

収録曲「Camera」のMV

この曲についてルシアンは以下のように話しています。

「Camera」は、新譜のために最後に作った曲です。当時の気分は、家の近くで毎日のように通っていた金物屋、ベルギーの子供たちがテレビで何度も見たことのあるダサいベランダのコマーシャル、自分の家を買おうとしている周りの多くの人たちの苦労や執着、それに伴うリフォームの話などに触発されたものだと思います。また、最近では人生のあらゆる出来事を写真に撮って記録したいという衝動にも駆られます。

「Camera」はラテン語で “部屋” を意味しますが、これはレコード制作時にブリュッセルの私の家や、ロサンゼルスを拠点とするプロデューサー、ミキサー、フォー・ハンター、植物の世話、歩く音楽百科事典であるシャグス・チェンバレンの家で使用されたホーム・レコーディングやミキシングの方法とうまく共鳴しています。

『Holidays Inside』は、MGMT のアンドリュー・ヴァンウィンガーデンとベン・ゴールドワッサーのレーベル MGMT Records にとって初めての外部リリースになります。

『Holidays Inside』ストリーミング

Chose Qui Bouge に出演した4曲のライブ映像

Robbing Millions が Chose Qui Bouge に出演し、「Overdry」、「Camera」、「Tiny Tino」、「Dynamic Plants」の4曲を披露したライブ映像が公開!Chose Qui Bouge は、ベルギーのデジタル・ショーケース・フェスティバルで、ブレイク寸前のミュージシャンを、親密で特別な環境に招き入れます。コンサートは、暖かく繊細な照明で映画のように撮影され、サウンドはスタジオ品質で録音されます。このプロジェクトの目的は、観客に加えて、音楽界の重要なプレーヤーに、これらのパフォーマンスを届けることです。