ペンシルバニアのハードコア・パンクバンド One Step Closer、ニューアルバム『This Place You Know』を 9/24 リリース!

ペンシルバニアのハードコア・パンクバンド One Step Closer がニューアルバム『This Place You Know』を Run For Cover Records から 9/24 リリース!先行シングル「Pringle Street」のミュージックビデオを公開。ペンシルベニア州北東部に位置する都市ウィルクスバリの One Step Closer にとって、故郷という概念は複雑です。ボーカルのライアン・サヴィツキーは、リード・シングルの「Pringle Street」で、「人生でこんなに遠くに感じたことはない」と叫んでいます。

このアルバムの歌詞は、彼の故郷の正確な場所と転居の感覚の両方に結びついています。史上初のフルレングスアルバムであり、Run For Cover のデビュー作である『This Place You Know』では、成長して既知のものと未知のものの両方を掴むことについての現代的な青春物語を提供しています。One Step Closer は2016年にスタートし、5年という短い期間で、サヴィツキーはドラマーのトミー・ノートン、ベーシストのブライアン・タリパン、ギタリストのロス・トンプソン&グラディ・アレンとともに、モダン・ハードコアの主力バンドとして独自の地位を築いてきました。

2019年のEP『From Me To You』では、既存のトレンドに反して、Turning Point や Title Fight のようなバンドのような、よりメロディックなサウンドを表現しました。その夏には、今や伝説となった Have Heart の再結成ライブでオープニングを務め、Knuckle Puck や Turnstile などのバンドのツアーに参加した後、デビューアルバムの制作を休止しました。

『This Place You Know」は、孤立、憂鬱、喪失といったテーマの重さを表現しており、バンドが演奏するドライビングベースライン、強調されたギターリフ、揺るぎないドラミングによって増幅されています。アルバムのオープニングを飾る「I Feel So」の最初の瞬間から、「This Place You Know, sometimes it hides the truth and lets people go」という歌詞の意味が明らかになっています。One Step Closerは、かつて知っていたすべてのものから先に進むという、解決できない苦悩を解決しようとしています。