Colleen Green、ゴードン・ラファエルをプロデュースに迎えたサードアルバム『Cool』を 9/10 リリース!

収録曲「Highway」のMV公開!

2021.09.08

Colleen Green

LAのインディーポップ・ミュージシャン Colleen Green (コリーン・グリーン)、The Strokes の初期2作を手掛けたゴードン・ラファエルをプロデュースに迎えたサードアルバム『Cool』を Hardly Art Records から 9/10 リリース!先行シングル「I Wanna Be a Dog」のミュージックビデオを公開。

収録曲「It’s Nice to Be Nice」のMV公開!

Colleen Green はいつもクールだ。しかし、2015年の前作『I Want To Grow Up』の時には、彼女は必ずしもそうは感じてなかった。不安から解放されるには若すぎるし、人生を走らせ続けるにはちょっと年を取り過ぎていた Green は、まさに実存的な危機を経験していた。5年後の新しいアルバムで、彼女は大人になることの意味を分析し、実際、それはかなりクールであることに気づいた。メロディとビートを楽しむ準備ができた Green は、既に彼女のファンであった Gordon Raphael (The Strokes) に、ローファイの美学を損なわないように曲を高みにもっていくようプロデュースを依頼した。こうして、ドラマーの Brendan Eder とヒップホップ・プロデューサーの Aqua と共に、アルバムは制作された。

収録曲「Someone Else」の試聴が開始!

■リリース情報
アーティスト:COLLEN GREEN(コリーン・グリーン)
タイトル:COOL(クール)
品番:HAR126CDJ[CD/国内流通仕様]
定価:¥2,300 +税
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

tracklist:
1. Someone Else
2. I Wanna Be a Dog
3. Posi Vibes
4. Highway
5. Natural Chorus
6. You Don’t Exist
7 It’s Nice to Be Nice
8. How Much Should You Love a Husband?
9. I Believe in Love
10. Pressure to Cum