オースティンのデュオ Summer Salt、ニューアルバム『Sequoia Moon』を 6/25 リリース!

Summer Salt

Photo by Andrew Reiner

テキサス・オースティンを拠点に活動するインディーポップ・デュオ Summer Salt (サマー・ソルト) がニューアルバム『Sequoia Moon』を Cherry Lime Records から 6/25 リリース!ニューシングル「Clover」を公開。Summer Salt は子供の頃、自分たちが何に向かって走っているのかを知っていました。今、彼らは自分たちが残してきたものを反芻する準備ができています。シンガー/ギタリストの Matthew Terry とドラマーの Eugene Chung によるトロピカルポップ・デュオは、2010年代初頭に高校を卒業して故郷のテキサス州ダラスを離れ、芸術と文化のオアシスであるオースティンに移り住んで以来、新作『Sequoia Moon』の制作に取り組んできました。バンドは、2014年のデビュー作『Driving To Hawaii』で、地元オースティンのシーンで急速に頭角を現し、青春時代の逃避と無謀さ、そして60年代のポップ、ドゥーワップ、ボサノバの落ち着きと魅力の両方が詰まった作品となりました。

収録曲「Hocus Pocus」のMV公開!

Phil Ek (Modest Mouse、Built To Spill、Fleet Foxes) がプロデュースしたこの12曲入りのアルバムは Cherry Lime Records から The Orchard 経由で発売されます。テリーとチョンは、10年前に夢を追いかけるために彼らを駆り立てたのと同じテーマ(離れること、憧れること、再び戻ってくること)について、長年の経験を生かして熟考しています。「このアルバムには、たくさんの逃げがあります」とテリーは言います。『Sequoia Moon』は、その核心部分において、個人的、対人的、そして世界全体の範囲での移行についてのレコードです。曲はバンドの歴史の中で様々な時期に作られています。代表的な曲である「Colors Of Your Love」は2013年までさかのぼりますが、そのテーマは時代を超えた永遠のものであり、人生の最も基本的な部分を詳述しています。

先行シングル「Monday’s Fácil」

先行シングル「Monday’s Fácil」について、Matthew Terry は、「“忙しく生きる” という姿勢を表現した曲です」と説明する。

Os Mutantes の「Panis Et Circenses」という曲を聴いたときに、「Monday Fácil」という言葉が出てきたと思ったんです。歌詞を調べてみると、まったく違うことを言っていたのですが、それでもこの歌詞が心に響いて、思わず笑ってしまいました。その時、自分でも「月曜日の魔法」という曲を作りたい、せめてどこかにこの歌詞を使いたいと思ったのです。

この対比は、音楽的にもよく表現されています。「Hocus Pocus」やファーストシングルの「Monday’s Facil」のジャジーなダイナミズム、「Trouble In Paradise」の穏やかな荘厳さなど、Summer Salt の特徴は健在ですが、シンセや追加のパーカッションなどの新しい要素が、バンドのサウンドを新たなムードと緊張感を持って前進させています。

テリーは、チョンを自分のエキセントリックで青空のような贅沢さを支える存在と称していますが、『Sequoia Moon』で両者が出会うと、リスナーはバンドの初期の作品のエッジと感情を、より成熟したレンズでろ過したような印象を受けます。このアルバムは、ジャンルや世代を超えた、時代を超越した芸術のキャリアにおけるもう一つの特徴であり、聴衆に実質と太陽性の完璧な融合を提供しています。

私たちは、他の人々が私たちの物語に共感し、この夏に平和をもたらしてくれることを願って、このアルバムを書くことを楽しみにしていました。」とチョンは言います。

tracklist:
1 Clover
2 Neptune
3 Hocus Pocus
4 Monday’s Fácil
5 Lewa Lani
6 Feather Fall
7 Trouble In Paradise
8 Two of a Kind
9 Patch Your Jacket
10 Colors of Your Love
11 Campus Blue
12 Marielle