girl in red、待望のデビューアルバム『if i could make it go quiet』をリリース!

VANS のサイドストライプ・セッションに出演したライブ映像が公開!

2021.06.07

girl in red

ノルウェーのベッドルームポップ・シンガーソングライター Marie Ulven こと girl in red (ガール・イン・レッド)、待望のデビュー・フルアルバム『if i could make it go quiet』を AWAL から 4/30 リリース!ニューシングル「serotonin」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムは、girl in red が全曲自作で、Matias Tellez が共同プロデュースを担当しています。リードシングル「serotonin」は、Billie Eilish のコラボレーターでもあるグラミー賞受賞プロデューサー FINNEAS が共同プロデュースを手掛け、Billie Eilish と一緒にこの曲を書きました。この曲は、パンデミックの感情的な被害やメンタルヘルスなど、暗くて無視されがちなテーマに立ち向かうウルヴェンの能力を示しています。このアルバムについて、girl in red は次のように語っています。

『if i could make it go quiet』は、人間であることがどういうことなのかを学ぼうとする試みであり、自分自身の最も怖い部分に対処すること、自分がただの肉と骨でしかないことを知ることの痛みと共に生きること。怒り、壊れ、容赦なく、それでも自分の心を袖に着けることができるように。私は自分の心の最も暗い部分に光を当てていて、みんなを受け入れています。

収録曲「Body And Mind」のMV公開!

90年代後半にノルウェーで生まれた Marie Ulven は、家の中に楽器がある環境で育ち、10代の頃にはギターを試していました。オーストラリアのラジオ局「Triple J」のインタビューでは、音楽への興味を植え付けたのは祖父であると語っています。2015年、Ulven は SoundCloud にオリジナルの音楽をアップロードし始め、2017年にはデビューシングル「I Wanna Be Your Girlfriend」で girl in red としての音楽を紹介しました。このシングルはアメリカでゴールド認定を受け、2018年9月には隣接するインディー/ポップEP『Chapter 1』を AWAL と Human Sounds Records からリリースしました。

収録曲「Serotonin」のパフォーマンス映像を公開!

22歳のノルウェー出身のシンガーは、急成長を遂げており、彼女のインディーポップ・アンセムは約10億回のストリームを記録し、若いリスナーやそれ以上の新世代のための刺激的なアイコンとして歓迎されています。COVID-19 のパンデミックの影響で、当初予定していた2020年のツアーは中止され、彼女はオスロの自宅で、前年にスケッチを始めたアルバムの制作に取り掛かった。11曲を自宅で書き、デモを行い、すぐに父親の車を借りて、ノルウェーの首都から北海の入り江にある雄大なフィヨルドに囲まれたベルゲンまで8時間の旅をして、『if i could make it go quiet』のレコーディングに臨んだ。このアルバムは、旅先で彼女の孤独な会話を音楽的に表現したものとなっている。

『if i could make it go quiet』ストリーミング

The Tonight Show に出演した「Serotonin」のライブ映像が公開!

tracklist:
1.Serotonin
2.Did You Come?
3.Body And Mind
4.hornylovesickmess
5.midnight love
6.You Stupid Bitch
7.Rue
8.Apartment 402
9..
10.I’ll Call You Mine
11.it would feel like this