Toro y Moi、2ndアルバム『Underneath The Pine』の10周年記念限定盤を発売!

Toro y Moi

Photo by Andrew Paynter

Toro y Moi (トロ・イ・モワ)、2011年に発表した2ndアルバム『Underneath The Pine』の10周年記念限定盤 (カラー・ヴァイナル) を Bandcamp で4月リリース!発売を記念して『Underneath The Pine (Instrumentals)』を公開。こちらのインスト・アルバムも Bandcamp でダウンロードすることができます。オリジナルアルバムの限定版は、Desert Sun Splatter のヴァイナルでプレスされ、米国のインディーズショップで注文した人には、『Underneath The Pine』の松の実マッチブックがプレゼントされます。新しいプレス盤は2021年4月16日に店頭と郵便受けに届く予定です。また、Toro y Moiのウェブストアでは、この節目にちなんだ新しい商品が販売され、カセットテープやストリーミングサービスでは「Underneath The Pine」のインストゥルメンタルも販売されています。Toro y Moi こと Chaz Bear から以下のメッセージも届いています。

皆さん、こんにちは。

これは、作るのに最も挑戦的なレコードの一つだったかもしれない。Causers’のツアーの合間に約2ヶ月間かけて作ったんだ。意識してレコーディングしたことはなかったんだ。Causers’はデモの束で、何となくまとめただけだったんだ。でも、『Underneath The Pine』はもう少しコンセプチュアルな感じで、サンプルやループを使わずに自然な感じで録りたかったんだ。

サウスカロライナの両親の家で一人で作業をして、両親が仕事に行っている間に録音して、家に帰ってきた時に立ち寄ったんだ。『UTP』をレコーディングしたことで、複数のマイクとアコースティック・スペースを使った正しいレコーディング方法を学ぶことができた。

私はディスコ、ファンク、アストラルジャズ、サイコロックをたくさん聴いていた。歌詞はまたしても曲に最後に加えたもので、レコードの中に散りばめられた不完全さや幸せな事故の数々を聞くことができ、それが多くの素晴らしい瞬間を作り出している。ミキシングに関しては、これまでスタジオでミックスをしたことがなかったので、何を期待していいのかわかりませんでした。

結局、ジョージア州アテネにある Chase Park Audio を見つけて、エンジニアの Drew Vandenberg が私のボーカルをミックスする際の不安を解消してくれた。これはカリフォルニアに引っ越す前に作った最後のレコードで、私の歌詞には家を出て友人や家族と連絡を取り合うことをテーマにしたものが多く含まれていた。

僕にとってこのレコードは、『What For?』や『Star Stuff (CBMM2)』のようなレコードを作るための扉を開いてくれたんだ。それはベッドルームを超えていくための声明だった。長い間、僕とバンドをサポートしてくれたみんなに感謝している。

peace+love.
チャズ