カナダのインディーポップ・トリオ Men I Trust、新曲「Tides」をリリース!

2021.02.12

カナダのインディーポップ・トリオ Men I Trust、ニューシングル「Tides」をリリース!愛らしい音のスロージャム2020年のシングル「Lucky Sue」に続く新曲です。愛らしい音のスロージャムの「Tides」では、「潮の流れに気をつけろ/ニュースで男たちが言っていた/遠く離れたドーマーたち/彼らの嘆願は公正で健全なものだった/ああ、ママ、愛してるよ/信心深い人のように強くて/決して疑わない/彼らの正義の熱情を。」と歌っている。

Tiny Desk (Home) Concert に出演したセッション映像が公開!

ケベック州のセントローレンス川北岸にある素朴でレトロな雰囲気のキャビンで、Men I Trust はタイニーデスクのエッセンスをほぼ忠実に再現していました。2019年に発表された『Oncle Jazz』からの曲を中心に、コントロールされながらも重層的な4曲のセットは、ボブ・ボイレンの机の後ろにあったとしても、ほぼ間違いなくプラグアンドプレイの状況を作っていただろう。

Men I Trust は当初、高校時代の友人である Dragos Chiriac と Jessy Caronの デュオでしたが、2015年にボーカルの Emma Proulx を加え、グループのデビューアルバム『Headroom』をレコーディングしました(今回の公演では、ベースに Cedric Martel、ドラムに Eric Maillet を迎え、クインテットに拡大しています)。

今回演奏された「Humming Man」は、トリオとしての初の公式シングルであり、そこから後戻りすることはありませんでした。バンドのスタイルは、ゴムのようなアップビートのエレクトロ・ポップと、昨年の「Lucky Sue」で見られた泥臭いペースの間を行き来しますが、バイブのようなグルーヴに抱かれたい人にとっては、おおむねスイートスポットと言えるでしょう。

エマのボーカルのオーバーダブやリバーブは、ここでは取り除かれており、彼女の声には騙されそうなほどの愛らしさが残っています。バンドはNPRに、このセットが COVID-19 のロックダウンによる長い活動休止の後、初めて一緒に演奏した時の一つであると語っています。メンバーはメールで、「山小屋で再会し、ジャムをしてセッションを録音しました。私たちは、親密さと居心地の良さを音と映像で表現することに努めました。ぜひ楽しんでください!」とコメントしています。

関連記事
イベント情報
  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演