Quilt とのコラボで知られる Anna Fox Rochinski、初のソロ・アルバム『Cherry』を 3/26 リリース!

米ボストンのサイケロック・バンド Quilt とのコラボレーションで10年近くレコーディングとツアーを行ってきた が初のソロ・アルバム『Cherry』を Don Giovanni Records から 3/26 リリース!表題曲「Cherry」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムが Quilt とは全く異なるものであることは、すぐにお分かりいただけると思います。ここ数年の間に、Anna Fox Rochinski はポップが彼女にとって最も本物の手段であることに気づき、彼女の様々な音楽的影響をその広い傘の下に統合しました。

彼女が言うように、「私はコードベースのギター音楽に興味を失い、このレコードはほとんどメロディーとビートとベースラインから構成され、ギターは必要な成分というよりはむしろ付属品として使用されています」Anna Fox Rochinski は、マドンナ、Can、”Midnite Vultures” 時代の Beck、ハンガリーのギタリスト Gabor Szabo、そして Robyn の1995年のデビュー作など、いくつかの主な影響を受けたものを挙げています。「私は自分の習慣をすべて解きほぐして、本当に新しい世界で生きることに挑戦しました。」と彼女は言います。

叙情的なアプローチにも変化がある。彼女はこの作品を、第二次世界の青春時代のアルバムだと思っている。「今まで書いた中で最も個人的なものだよ。基本的には別れのアルバムなんだけど、6年間の交際の最後の数ヶ月から、その後の期間までを記録したもので、長い間で初めて自分自身が本当に一人前になった時期なんだ。男との別れだけではなく、場所と人生全体の別れだった。」Anna Fox Rochinski は、ハドソンバレーのコテージでの在職期間の終わりにこのレコードを書き始め、安定した生活から抜け出すために懸命に努力してきた居心地の悪い変遷の間も書き続けていた。

このレコードは、私にとってとても大切なものをたくさん捨てている間に書かれたものだけど、持ち続けることはできないとわかっていたの。」西海岸での活動の後、彼女は長く滞在するつもりはなかったが、最終的にはニューヨークに住むことを決意し『Cherry』の制作が始まった。本作は Ava Luna の Carlos Hernandez と Julian Fader と共にレコーディングが行われた。

tracklist:
1. Party Lines
2. Hard Won
3. Everybody’s Down
4. Going To See Them
5. High Board
6. Epilogue/Overture
7. Cherry
8. The Return
9. No Better
10. No One Love