Kelsey Lu と Yves Tumor がコラボ・シングル「let all the poisons that lurk in the mud seep out」をリリース!

LAのシンガー/チェリスト とエクスペリメンタルなプロデューサー が Kelly Moran & Moses Boyd をフィーチャーしたコラボ・シングル「let all the poisons that lurk in the mud seep out」をリリース!Kelsey Lu はプレスリリースの中で次のように述べています。

“let all the poisons that lurk in the mud seep out” は、リスクを冒して未知の世界に飛び込んでいくこと、最終的には自分のライトサイドであるダークサイドを受け入れること、躁状態に陥ってその躁状態から抜け出すこと、完全に自分自身であることへの挑戦を受け入れること、突然変異体は自分自身を後ろ向きに曲げて、自分の本質とその中にある深さを受け入れること。この曲がどのように進化してきたかというと、時間が経つにつれて処理がどのように断片化されていくかを映し出す鏡のようなものだ。『Blood』のツアーの合間に Airbnb で一人でやったおかしなヴォーカルテイクから、この曲の重要なテクスチャー要素であるおしっこをしながらトイレにマイクを持って行ったこと、そしてこの曲に参加している他のみんなが世界の様々な場所にいて、それぞれの人と個人的な関係を持っていること、それは私の練習の重要な部分である Collaboration を通してのことなのです。この曲は、メジャーレーベルを脱退してからの進化を示すものでもあり、その間に行ってきた仕事は、自分の芸術性の中にある力に疑問を抱かせていた毒を分解し、それを殺してきたものだ。

だから、泥の中に潜む全ての毒を染み出させる。クリスマスの奇跡