WASHED OUT、ソロ即興のセットアップ実験映像を公開!

アトランタを拠点に活動するプロデューサー/ソングライター、アーネスト・グリーンによるプロジェクト 、ソロ即興のセットアップ実験「LIVE STUDIO IMPROV TEST #1」を公開!これまでのようにライブを行うことができない現在、WASHED OUT は新たな試みをスタート。「私は、部屋の中で一緒にジャムしながら即興でミュージシャンの間に起こる微妙な変化のタイプを本質的に複製するために生成的なプロセスとランダム化を使用することに興味を持っています。ここでは、他のミュージシャンの代わりにコンピュータのアルゴリズムを使って、自分自身とジャムすることができるようにしています。この即興演奏では、ピアノの上で刻々と変化するパターンを生み出すユークリッド型のシーケンサーをいくつか使用しています。」WASHED OUT は8月に Sub Pop 復帰作となる4枚目のスタジオアルバム『Purple Noon』を発表しています。

「LIVE STUDIO IMPROV #2」を公開!

もう一つの即興実験「LIVE STUDIO IMPROV #2」を公開!この試みについてアーネスト・グリーンは、「できるだけ少ないピースで雰囲気を出してみました。ハープのグリッサンドは、鍵盤を滑らかに掃引するLFOでコントロールしている。メインの4音のモチーフはアルペジエーターを介してトリガーされています。Brian Eno の口語は80年代後半のインタビューから引用しています。」と話しています。