ロンドンのドリームポップ・デュオ Still Corners、ニューアルバム『THE LAST EXIT』を来年 1/22 リリース!

収録曲「Crying」のMVを公開!

2020.10.27

ロンドンのドリームポップ・デュオ 、5枚目のスタジオ・アルバム『The Last Exit』を Wrecking Light Records から2021年 1/22 リリース!表題曲「The Last Exit」のミュージックビデオを公開しました。バンドが知られるようになった煌びやかなデザート・ノワールサウンドで、『The Last Exit』は、荒廃した町、地平線上の神秘的な形、そこにあるものとないものの境界線を曖昧にする長い旅で満たされた、催眠術のような旅へとあなたを連れて行きます。

収録曲「Crying」の試聴が開始!

シンガーソングライター/プロデューサーの Greg Hughes は以下のように話します「私たちは砂漠の中で何かを見つけた … 永遠に続く広大な風景の中で何かを」本作『The Last Exit』は、有機的なインストルメント、クリーントーンのギター、ゆったりとしたドラム、そしてテッサ・マレーのスモーキーな歌声が特徴的な11曲で構成されています。アルバムのハイライトは「The Last Exit」、「White Sands」、「Shifting Dunes」”で、広大な砂漠の空間と何も気にならない空の広がりを感じさせる。

『The Last Exit』は Still Corners 三部作の最終章です。『The Trip」から始まり、『The Message』と続き、『The Last Exit』で締めくくられています。1975年の映画『Picnic at Hanging Rock』にインスパイアされた先行曲「The Last Exit」のビデオでは、テッサがジョシュアツリーの神秘的な岩の中に引き込まれていく様子が描かれています。テッサは説明します。

誰もが地図の隅々まで埋め尽くされたと思っている世界では、その先に何かがあることを暗示したい。毎日見ることはできないかもしれないけど、そこにはあるし、それが僕らが繋げようとしているものなんだ」と説明する。疾走感のあるビート、涙を誘うようなヴォーカル、シルバートーンのギターで知られるようになった「The Last Exit」は、孤独なハイウェイを駆け抜け、未知の目的地へと向かっていく。グランドピアノのエンディングが美しい曲で、「The Last Exit」はあなたが目にしている世界の向こうにある別の世界を思い出させてくれるでしょう。

tracklist:
1. The Last Exit
2. Crying
3. White Sands
4. Till We Meet Again
5. A Kiss Before Dying
6. Bad Town
7. Mystery Road
8. Static
9. It’s Voodoo
10. Shifting Dunes
11. Old Arcade

<LPの先行予約はこちら>