The Streets、Tame Impala など豪華ゲストを迎えたミックステープをリリース!

IDLES のコラボした「None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive」のMV公開!

2020.08.04

バーミンガム出身のラッパー、マイク・スキナーこと The Streets が豪華ゲストを迎えた新しいミックステープ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』を Island Records から 7/10 リリース!ミックステープの冒頭を飾る、Tame Impala をフィーチャーしたリードシングル「Call My Phone Thinking I’m Doing Nothing Better」のミュージックビデオを公開しました。本作は The Streets の約10年ぶりとなる作品で、ミックステープ最大のテーマの一つは、”過度に接続された現代世界におけるコミュニケーション(あるいはその欠如)にある” と語っている。

Donae’O、Greentea Peng をフィーチャーした「I Wish You Loved You As …」のMV公開!

ミックステープのプレビューとなる「Difficult Times」フリースタイルの映像を公開!

ゲストに、IDLES、Donae’o & Greentea Peng、Ms Banks、Jesse James Solomon & Eliza、Kasien、Dapz On The Map、Oscar、Hak Baker、Rob Harvey、Chris Lorenzo を迎えたコラボレーション全12曲を収録する。またプレスリリースによると、当初マイク・スキナーはラップ集団 Murkage とのスーパーグループ・プロジェクトである TONGA の新作をレコーディングすることを目指していた。しかし、マーキュリー賞にノミネートされたパンク・バンド IDLES、ロンドンのティーンエイジャー・ラッパー Jimothy Lacoste、バーミンガムの伝説的なアーティスト Dapz On The Map など、様々なアーティストとのレコーディングを開始したことが本作の起源となっている。

ミックステープ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』ストリーミング

tracklist:
1. Waiting For It To Stop (ft. Tame Impala)
2. None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive (ft. IDLES)
3. I Wish You Loved You As Much As You Love Him (ft. Donae’O and Greentea Peng)
4. You Can’t Afford Me (ft. Ms Banks)
5. I Know Something You Did (ft. Jesse James Solomon)
6. Eskimo Ice (ft. Kasien)
7. Phone Is Always In My Hand (ft. Dapz on the Map)
8. The Poison I Take Hoping You Will Suffer (ft. Oscar #Worldpeace)
9. Same Direction (ft. Jimothy Lacoste)
10. Falling Down (ft. Hak Baker)
11. Conspiracy Theory Freestyle (ft. Rob Harvey)
12. Take Me As I Am (with Chris Lorenzo)