The Streets、Tame Impala など豪華ゲストを迎えたミックステープをリリース!

IDLES のコラボした「None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive」のMV公開!

2020.08.04

バーミンガム出身のラッパー、マイク・スキナーこと が豪華ゲストを迎えた新しいミックステープ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』を Island Records から 7/10 リリース!ミックステープの冒頭を飾る、 をフィーチャーしたリードシングル「Call My Phone Thinking I’m Doing Nothing Better」のミュージックビデオを公開しました。本作は The Streets の約10年ぶりとなる作品で、ミックステープ最大のテーマの一つは、”過度に接続された現代世界におけるコミュニケーション(あるいはその欠如)にある” と語っている。

Donae’O、Greentea Peng をフィーチャーした「I Wish You Loved You As …」のMV公開!

ミックステープのプレビューとなる「Difficult Times」フリースタイルの映像を公開!

ゲストに、IDLES、Donae’o & Greentea Peng、Ms Banks、Jesse James Solomon & Eliza、Kasien、Dapz On The Map、Oscar、Hak Baker、Rob Harvey、Chris Lorenzo を迎えたコラボレーション全12曲を収録する。またプレスリリースによると、当初マイク・スキナーはラップ集団 Murkage とのスーパーグループ・プロジェクトである TONGA の新作をレコーディングすることを目指していた。しかし、マーキュリー賞にノミネートされたパンク・バンド IDLES、ロンドンのティーンエイジャー・ラッパー Jimothy Lacoste、バーミンガムの伝説的なアーティスト Dapz On The Map など、様々なアーティストとのレコーディングを開始したことが本作の起源となっている。

ミックステープ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』ストリーミング

tracklist:
1. Waiting For It To Stop (ft. Tame Impala)
2. None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive (ft. IDLES)
3. I Wish You Loved You As Much As You Love Him (ft. Donae’O and Greentea Peng)
4. You Can’t Afford Me (ft. Ms Banks)
5. I Know Something You Did (ft. Jesse James Solomon)
6. Eskimo Ice (ft. Kasien)
7. Phone Is Always In My Hand (ft. Dapz on the Map)
8. The Poison I Take Hoping You Will Suffer (ft. Oscar #Worldpeace)
9. Same Direction (ft. Jimothy Lacoste)
10. Falling Down (ft. Hak Baker)
11. Conspiracy Theory Freestyle (ft. Rob Harvey)
12. Take Me As I Am (with Chris Lorenzo)