ウィーンを拠点とする Sofie がデビューアルバム『Cult Survivor』を Stones Throw からリリース!

収録曲「Happen 2 B There」のMVを公開!

2020.09.09

Sofie

Photo by Manuel Haring

ウィーンを拠点に活動するソフィー・ファトゥレッチこと、 (ソフィ) がセルフ・プロデュースのデビューアルバム『Cult Survivor』を Stones Throw から 6/26 リリース!ニューシングル「Asleep」のミュージックビデオを公開しました。幼い頃からクラシック音楽に囲まれていた Sofie は、4歳でヴァイオリンを習い始める。10代でウィーンの名門コンセルヴァトワールに入学したが、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンを行き来するために早々にコースを辞めることを決意した。彼女は成長を続ける Boiler Room チームの不可欠なメンバーとなり、NTS Radio のレジデントDJとなり、Stones Throw で4年間働き、Knxwledge、Mndsgn、Stimulator Jones を含む数人のアーティストをレーベルに迎え入れました。

Mndsgn とコラボした「Abeja」のMV

DJとしては Teebs や Dam-Funk などのラインアップでプレイし、2016年には Mndsgn とのコラボ曲「Abeja」を収録したコンピレーション『Sofie’s SOS Tape』を Stones Throw のためにキュレーションした。突然の別れと家族の大病の後、Sofie はウィーンに戻ってきた。そこでは、彼女の音楽コミュニティから孤立し、自分の曲を作り始めた。「ウィーンでは、突然、人里離れた場所にいたので、自分の中にあった音楽の世界に囲まれていたわけではありませんでしたが、それが私の創造性への道を切り開いてくれたのです。」と彼女は言う。「LAにいたらこんなことにはならなかったと思うし、勇気があったかどうかもわからないし、余計なことだと感じなかったかどうかもわからない」と続ける。

収録曲「Guest」のMVを公開!

Stones Throw 時代から Peanut Butter Wolf と連絡を取り合っていた Sofie は、彼にデモを送るようになり、それがきっかけでレコードを完成させ、レーベルからのリリースを依頼されるようになった。『Cult Survivor』は、Sofie の辛い経験に直接反応して書かれた作品で、「Asleep」や「Figueroa」のようなドリーミーでメランコリックな曲が強調されています。彼女の作曲プロセスは直感的なものでした。「結局、できるときはいつでも座っていて、曲はそこにあったんだ。頭の中や夢の中で聞いて、それを書き留めていたの。

収録曲「Georgia Waves」のMVを公開!

その結果、予想外の影響を受けた曲が生まれました。フランスのシャンソン、カルト的な実験音楽家 Gary Wilson、60年代のポップバラード。Todd Rundgren や Serge Gainsbourg が曲の中で物語を伝える方法に触発され、Sofie は自身の心の痛みを描き、「Hollywood Walk of Fame」や「Georgia Waves」ではフィクションとリアリティを融合させています。正直で優美なデビュー作『Cult Survivor』は、複雑な愛の物語、生々しい思い出、そして新たな始まりを通して、ソングライターとしての Sofie の才能を証明しています。