UKのシューゲイズ・バンド bdrmm、待望のデビューアルバム『Bedroom』をリリース!

bdrmm

Photo by Sam Joyce

UKハル/リーズを拠点に活動する5人組ドリームポップ/シューゲイズ・バンド 、待望のデビューアルバム『Bedroom』を Sonic Cathedral から 7/3 リリース!ファーストシングル「Happy」に続き、ニューシングル「Is That What You Wanted To Hear?」のミュージックビデオを公開しました。この10曲入りのアルバムは、2019年後半にリーズの The Nave スタジオで Alex Greaves (Working Mens Club, Bo Ningen) がレコーディングし、ブルックリンで Heba Kadry (Slowdive, Beach House) がマスタリングを担当しています。

収録曲「A Reason To Celebrate」の試聴が開始!

彼らのサウンドは、The Cure の『Disintegration』や Deerhunter、DIIV を彷彿とさせ、RIDE や Radiohead を参考にしている。また、The Chameleons〜Protomartyr までのクラウトロックやポストパンクのエコーや、Pale Saints の『The Comforts Of Madness』のプロトシューゲイザーの影響もあり、特にいくつかのトラックのクロスフェージングは、アルバムがほぼシームレスに聴けることを意味しています。その結果、本作『Bedroom』は、20代前半の浮き沈みを背景に、別れのさまざまなステージを駆け抜ける、予想外で意図していないコンセプトアルバムになっています。

初期の DIIV を彷彿とさせる先行曲「Happy」

テーマは、メンタルヘルス、アルコール乱用、計画外の妊娠、ドラッグなど、基本的に考えられるありきたりのトピックを網羅しています。」と、フロントマンの Ryan Smith は明かす。「しかし、それは彼らが関連性を失うことを意味していない。でも、今まで出会った中で最高の4人に囲まれて、このバンドという形で自分の気持ちを表現することができたのは幸運だったよ。

そのバンド名は、説明が必要な場合に備えて、アルバムタイトルと同じように発音します。「ここまで説明しなければならないステージに立てるとは思ってもいなかった。」と Ryan Smith は言う。「僕らはボアダム、ボダムと発音されてきたし、昔のボスは僕らをバッド・リディムというスカバンドだと思っていたんだ。俺たちはみんな皮肉屋だから、ベッドルームのスペルが正しくて、完璧なタイトルだと思ったんだ。」 彼の言う通り、完璧なデビューアルバムには完璧なタイトルが付けられている。バンドは昨年デビューEP『If Not, When?』を発表しています。

アルバム『Bedroom』ストリーミング

tracklist:
1. Momo
2. Push/Pull
3. A Reason To Celebrate
4. Gush
5. Happy
6. (The Silence)
7. (Un)happy
8. If….
9. Is That What You Wanted To Hear?
10. Forget The Credits