UKのポストパンク・バンド Working Men's Club、デビューアルバムを 6/5 リリース!

Working Men's Club

Photo by Andy Nicholson

ウェスト・ヨークシャー出身の男女4人組ポストパンク・バンド Working Men’s Club (ワーキング・メンズ・クラブ) がセルフタイトルのデビューアルバム『Working Men’s Club』を Heavenly Recordings から 6/5 リリース!ニューシングル「A.A.A.A.」の試聴が開始されました。プロデューサーには Ross Orton (The Fall, M.I.A., Arctic Monkeys) を迎え、鋭くて繊細なプロダクションで全面バックアップしている。

ニューシングル「A.A.A.A.」の試聴が開始!

Working Men’s Club というバンド名は、18歳のバンドリーダー/シンガーの Sydney Minsky-Sargeant (シドニーミンスキーサージェント) が、かつて忍び込んできたコミュニティが運営するウッドパネル張りの会場にちなんで名付けられた。アルバムには彼らのキラーチューン「Teeth」、先行曲「White Rooms and People」を含む全10曲を収録する。

デビューシングル「Teeth」

tracklist:
1. Valleys
2. A.A.A.A.
3. John Cooper Clarke
4. White Rooms and People
5. Outside
6. Be My Guest
7. Tomorrow
8. Cook a Coffee
9. Teeth
10. Angel