The Magic Gang、セカンドアルバム『Death of the Party』をリリース!

表題曲「Death Of The Party」のライブ映像を公開!

2020.11.09

UKニュー・フォレスト出身の4人組ギターポップ・バンド (ザ・マジック・ギャング) がニューアルバム『Death of the Party』を Warner Records UK から 5/15 リリース!先行シングル「Think」のミュージックビデオに続き、「What Have You Got To Lose」の試聴が開始されました。本作はグラミー賞を受賞した Ben H. Allen (Deerhunter, Animal Collective, Gnarls Barkley) をプロデューサーに迎えてアトランタでレコーディングされました。

収録曲「(The World) Outside My Door」のMV公開!

バンドは2つの目的を念頭に置いて、このアルバムの制作に取り組んでいます。彼らは、ハーモニーが豊かでメロディックなポップスの幅を広げることを目指します。ルー・リード、アレックス・ターナー、そして特にジョナサン・リッチマンに影響を受けた、より観察的で叙情的なアプローチを取りたいと考えていました。彼らが語る物語は、彼らの20代前半の同世代の多くの経験を反映しています。彼らは “お金、人間関係、将来” についての不安を探りながらも、このような問題から逃れるために使う楽しい瞬間も探しています。

収録曲「Believe In Yourself (The Arthur Theme Song)」のMV公開!

収録曲「Make Time For Change」のMV公開!

このアルバムでは、The Magic Gang が人々に愛されてきたものを失うことなく、彼らのサウンドを進化させていることがわかります。収録曲「Take Back The Track」や「Make A Sound」にはディスコの要素があり、「Gonna Bounce Back」はスラッカー・ロックとポスト・パンクの間に位置し、「I Am Sunshine」ではピアノ、ストリングス、ボーカルのハーモニーがブライアン・ウィルソンやザ・ビーチ・ボーイズへの愛を思い起こさせます。2018年のデビューアルバム『The Magic Gang』以来2年ぶりのセカンドアルバム。

収録曲「Take Back The Track」のセッション映像を公開!