Real Estate、ニューアルバム『The Main Thing』をリリース!

収録曲「Gone」ライブ冷蔵庫バージョンを公開!

2020.10.28

Real Estate

Photo by Jake Michaels

米ニュージャージー出身のインディーロック・バンド がニューアルバム『The Main Thing』を Domino から 2/28 リリース決定!Sylvan Esso の Amelia Meath をフィーチャーした先行シングル「Paper Cup」のミュージックビデオを公開しました。2009年のデビュー作『Real Estate』で注目を集め、2011年にはアークティック・モンキーズ擁する名門〈Domino〉からリリースした2ndアルバム『Days』が、Pitchforkで8.7点を獲得し【Best New Music】に選出されるなど一躍脚光を浴び、今ではUSインディー・シーンを牽引するバンドとして高く評価を得ているニュージャージー出身の5人組バンド、リアル・エステート。2017年にはフジロックフェスティバルに出演するなど、ここ日本でも確固たる人気を築いてきた彼らが待望のニューアルバム『The Main Thing』を2月28日にリリース決定!発表と合わせて新曲「Paper Cup」を公開した。

「Paper Cup」は、年を重ねた今、ミュージシャンになって、曲を作り、バンドで活動するという、10年以上前に描いた僕の夢が、ライフワークになり得るんだということに気づいた気持ちを表現してる。まわりを見渡すと、変化や発展を求め、新しい挑戦をし、でもある意味で型にはまった生き方をしてる。僕自身は、今の環境問題や世界情勢、安らぎのない社会の中で、アーティストでいることの不安定さを感じてる。

これは、人生で選んだ道に対して抱く疑問と、自分の行動の持つ意味についての曲だよ。その答えは曲の中にはない。でも皮肉なことに、この作品を僕らにとって過去最高のもの作ろう本気で挑戦する中で、僕も、たぶん他のメンバー全員も、なぜこれを続けているのかを確認できたんだ。

– Martin Courtney (Real Estate)

デビューから10年にわたり、リアル・エステートは暖かでありながら緻密なポップ指向の音楽を造り続け、他の誰にもマネのできない浮遊感あるメロディーを追求してきた。前作『In Mind』では、ツアーに出たミュージシャンの非日常性を背景に、普通の日常への渇望が描かれたが、本作『The Main Thing』では、望んだはずの静かな暮らしに潜む不安と向かい合うことで、これまで以上に覚悟を持って音楽制作に打ち込んだ彼らの思いが反映されている。

収録曲「The Main Thing」の試聴が開始!

ニューヨークで制作された本作は、代表作『Days』にも参加したケヴィン・マクマホンをプロデューサーに迎え、シルヴァン・エッソやザ・ウォークメンのマット・バリック、ブラジリアン・ガールズのアーロン・ジョンストンら、外部のミュージシャンをゲスト参加している。本作のアートワークは、ハードコア・ノイズロック・バンド、ブラック・ダイスのビョーン・コープランドが手がけている。

アルバム『The Main Thing』のストリーミング

このアルバムに全身全霊を込めて気づいたのは、人の心を打つ音楽作りこそが僕らにとってのカタルシスだということ。『The Main Thing』(大事なこと)は、自分のインスピレーションを追いかけること。そして周りの人々にもそうありたいと思わせるような憧れになることだ。このアルバムが自身や互いに対しての決意を新たにするきっかけとなってくればいい。僕らにとってそうであったように。

-Alex Bleeker (Real Estate)

tracklist:
1.Friday
2.Paper Cup (feat. Sylvan Esso)
3.Gone
4.You
5.November
6.Falling Down
7.Also A But
8.The Main Thing
9.Shallow Sun
10.Sting
11.Silent World
12.Procession
13.Brother