Laumė、遂に完成させたアルバム『WATERBIRTH』を来年 1/22 リリース!

Laumė

ニュージーランドのバンド Yumi Zouma (ユミ・ゾウマ) の元フロントウーマンとしても知られる Kim Pflaum (キム・プラウム) によるシンセポップ・プロジェクト、 (ラウメ) が遂に完成させたアルバム『WATERBIRTH』を来年 1/22 リリース!ケイト・ブッシュやグライムスからの影響を感じさせる80sテイストなサウンドと、彼女自身の3年に渡る旅の中から生まれたアイデアが詰め込まれたアルバム。

彼女は2016年~2019年の間、”人間の本質とは何か” と疑問に感じたことをきっかけに、周囲の世界の複雑さを理解するべくニュージーランド・オークランドからロンドンへ、さらには電車に乗ってポーランド全土までありとあらゆる地域を訪れたという。本作『WATERBIRTH』には、そんな3年もの時間を費やした旅の中で作り上げられた13曲が収録されている。プロデューサーはフランスの Rude Jude が務め、Sade、Kate Bush、Grimes といったポップ・アーティストから影響を受けた70~80年代テイストのサウンドに仕上がっているが、それとは対照的に、彼女が書く歌詞は、自然の力と人類の脆弱さのバランス、誕生と再生という人生のサイクルといった、旅の中で感じ取った深いテーマが軸になっている。

■リリース情報
アーティスト:LAUMĖ(ラウメ)
タイトル:WATERBIRTH(ウォーターバース)
品番:CAK139CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
定価:¥2,200 +税
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ

tracklist:
1. Back of Your Head
2. Darkside
3. Spells (Oedipusi)
4. Neglect
5. Voyeurs
6. Shy Kids
7. Conquest
8. Villains
9. Klara (z Bydgoszczy)
10. Best You
11. Are You With Me
12. Everyone I Love Is Sleeping
13. Saints