No Rome が Dijon をフィーチャーした新曲「Trust3000」を配信リリース!

Vevo DSCVR Artists to Watch 2020 に出演した新曲のライブ映像公開!

2019.11.30

The 1975 のコラボレーターとしても知られる、マニラ出身ロンドンを拠点に活動するシンガー/プロデューサー (ノー・ローム) がR&Bシンガー Dijon (ディジョン) をフィーチャーしたニューシングル「Trust3000」を配信リリース!この曲は来年リリース予定の新EPからのセカンドシングルとなっています。

「このシングル「Trust3000」は遠距離恋愛についてや愛する人から離れている時に相手を信頼できるのかを歌ったものなんだ。遠く離れて孤独な時、どうしてか僕はいつも大事なものを破茶滅茶にしてしまうんだ。これは心の平安と信頼関係を見つけ出すということについての曲なんだよ」

と No Rome がコメントするようにこの新シングルは遠距離恋愛の切なさと愛する人との信頼関係について歌ったエレクトロ・キラーチューン。本シングルには注目の新人R&Bシンガー、Dijon をフィーチャーしており、透明感溢れる彼の歌声で No Rome との絶妙なハーモニーを創り出しています。今作にフィーチャーされているR&Bシンガー、Dijon (ディジョン) について No Rome は下記の様にコメントしています。

「ディジョンと初めてLAで会った時に彼がこのバースを創ってくれたんだ。彼と別の曲の制作をしている時に「Trust3000」を聞かせたんだけど、彼はこの曲の為に何をしなくてはならないのか的確に分かってたんだ。彼のバースはとても好きだし、この曲には彼が必要だったんだ。」

次にブレイクするアーティストのショウケース Vevo DSCVR Artists to Watch 2020 に出演した「Talk Nice」のパフォーマンス映像公開!

全世界で合計1億回以上の再生を誇る22歳のシンガー・ソングライターは今年10月にプロモーション活動の為に来日し、短い滞在ながらも大好きな日本を満喫。その後、母国フィリピン、マニラでの単独公演をソールドアウトにし、ファッション・メディア、エスクァイア・フィリピンが贈る「年間最優秀音楽アーティスト」を受賞するなどUK、ロンドンを経由し母国でも大ブレイクを見せています。

10代の頃から音楽制作を開始した No Rome。2017年に The 1975 のマシュー・ヒーリーと出会い、彼が所属する Dirty Hit との契約を果たしロンドンに移住。昨年8月にデビューEP『RIP Indo Hisashi』をリリース、そして今年5月には2nd EP『Crying In The Prettiest Places』をリリース。その後、No Rome は長期に渡り The 1975 と共に世界ツアーを周り、その合間を縫って自身の単独公演も行うなど精力的に活動してきました。