NYの新たなポップアイコン!Gus Dapperton がデビューアルバム『Where Polly People Go to Read』を 4/19 リリース!

NY出身の新たなポップアイコン!キング・クルール、マック・デマルコ、ニュー・オーダーらに影響を受けたという (ガス・ダパートン) が遂にデビューアルバム『Where Polly People Go to Read』を 4/19 リリース!先行シングル「My Favorite Fish」のミュージックビデオを公開しました。

海外ではi-D、Vogue,、The Fader、Pigeons & Planes、Nylonといったファッションメディアを中心に様々なメディアから支持を受け、早耳のリスナーからは既に注目を集めている新たなポップアイコン、ガス・ダパートン。「My Favorite Fish」では既にクラシックな風格漂うアコースティックサウンドから始まり、R&Bの影響を感じさせるドラムパターン、そして語りかけるように漂うシンセサウンドが乘り、様々な音楽の垣根を超えた、ポップアイコンと呼ぶに相応しいサウンドを展開している。

タイムレスな楽曲が詰め込めれたアルバム『Where Polly People Go to Read』は、60年代のソフトロックや70年代のサイケデリック、80年代のニューウェーブなど様々なエッセンスを彼独自のポップセンスで昇華させた作品となっている。ニューアルバムは4月19日(金)にデジタルリリースされ、国内盤CDの詳細は後日発表される。

“インディー・ポップにおける大事件、ガス・ダパートンは奇妙なファッションのワードローブをぶち壊した”
ー Vogue

“ガス・ダパートンは近年USから出て来た中でも、最もエッジーなソングライターの一人だろう”
ー Dazed

ガス・ダパートンのような、シーンを作っていく者たちが、期待通りのサウンドや見た目になることはそうそうない。特徴的な髪型とファッションに、パールのイヤリング。ガス・ダパートンは、ウェス・アンダーソンでさえ書いたことのない最高のキャラクターを思い起こさせる。そして同時に、ソウルフルで人を惹きつけてやまない声を通して、夢を想起させるサウンドを響かせる。具体的にはまだわからなくても、誰だって、ポップ、オルタナティヴ、インディーのムズムズするような余波は覚えているだろう。

ニューヨーク州ワーウィック出身の彼がポップ・ミュージックの最前線に躍り出たのは、「Prune, You Talk Funny」「I’m Just Snacking」といった曲のリリースがきっかけだった。そして、その後もガス・ダパートンの楽曲はドラマ、『13 Reasons Why 邦題:13の理由』のシーズン2のサウンドトラックに収録され、1年未満の間に1億回近いストリーミングの回数を記録した。Spotifyでは毎月約100万人のリスナーを獲得し、世界中でショーをソールドアウトさせ、ファッションの世界からも大きな注目を集めている。

i-D Japanにて、インタビューが公開中!「ニューヨークが生んだ新たな鬼才、ガス・ダパートン